日刊アメーバニュース

人に好かれる子、嫌われる子は、ココが違う!

2015年12月30日 09時56分
提供:mamatenna

親御さんが子育てをしていくなかで、勉強、しつけ以上に心配なのがわが子の人間関係では? なぜなら、社会を生きていくなかで、人間関係なしに生きていくことはできないから。いくら能力があっても人間関係がうまくいかなければ、それを活かすこともできないのです。ならば、わが子はやっぱり好かれる子になってほしい…と思うのが親。では、友だちから好かれる子とはどんな子なのでしょうか?

「友だちから好かれる子…というと、おもしろい子、明るい子、楽しい子、思いやりのある子、スポーツが得意な子、見た目がいい子…いろいろ思い浮かぶのでは? でも、このなかで本当に大切なのはひとつ…思いやりのある子です」

そう話すのは、教育評論家の親野智可等先生。いろいろな魅力を持ち合わせている子でも、思いやりのない自己中心的な子は、やがて友だちが離れていくという。

「思いやりのある好かれる子は、他者信頼感がある子なんです。例えば、学校の廊下で子ども同士がぶつかったとき、“あっ、ごめんね、大丈夫?”って言える。たとえ自分が悪くなかったとしても言えるんですね。何かの取り合いになっても、どうぞ! と譲ることができるし、誰かが困っていたら、助けてやれるんです」

逆に、友だちから嫌われてしまう自己中心的な子は、他者不信感に満ちているという。

「ぶつかれば、 “何お前ぶつかってきたんだ、やる気か?”ってなってしまう。何かの取り合いになっても絶対に譲らない。誰かが困っていても“自分が悪いんでしょ!”となる。つまり、相手に対して常に不信感があるから、被害妄想的になり、“自分を守らなきゃ”と、攻撃的になってしまうんです」(親野先生 以下同)


では、なぜこのような違いが生まれてしまうのでしょうか? その原因の多くは家庭環境にあるといいます。

「人間関係の基礎、第一歩は親子関係です。親に対する不信感、つまり親の愛情を実感できていない、愛で満たされていない子は、兄弟、友だち、先生、社会に対して不信感を抱いてしまい、不信というものを土台にその後の人間関係を作るようになってしまうのです」

では、人から好かれる他者信頼感に満ちた子に育てるには、どうしたらいいのでしょうか?

「親の愛情でわが子の心を満たしてあげることです。思いやりのある子に育てたいなら、親がわが子を思いやりながら育ててください。それが唯一の方法なのです。お子さんは、親にしてもらったのと同じことを、人にするようになるからです。そう言うと、親御さんはみな愛情を注いでいるとおっしゃるでしょう。しかし、日ごろお子さんが親の愛情を疑ってしまうような否定的な言葉、とがめる言葉を知らず知らずのうちに浴びせて追い込んでしまっていることが実はとても多いのです。どうかいま一度、日々の言動を振り返ってみてください」

好かれる子に育てるためには、まず親子関係から。自分が愛されているという安心感こそが、人を思いやることの源になるのです。
(構成・文/横田裕美子)


【関連記事】
友だちとの家遊びで確認したいルール
一人っ子あるある、正しいものは?
目からウロコ! 逆上がり上達法 ー後編ー
DaiGoが解説!子どもの将来がわかる「マシュマロテスト」とは?
ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』

コラムアクセスランキング

  1. 1結婚する前に知っておきたい!離婚前の夫婦に起こる5つの兆候写真 6月26日21時00分
  2. 2海老蔵、麻央さん思い出し「しっかりしろ!」と鼓舞 読者からは心配の声も…写真 6月26日15時00分
  3. 3勤め先は不妊治療専門のクリニック。周囲に妊活中だと宣言しすぎた私の後悔写真 6月26日21時15分
  4. 4マツコ・デラックス「良妻賢母のほうが浮気する」発言 その理由に視聴者納得写真 6月27日07時30分
  5. 5周りの迷惑!飲食店で「好き嫌いが激しい女性がした」最悪行動写真 6月27日09時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る