日刊アメーバニュース

取り除くだけで寿命が「60%延びる」遺伝子が新たに発見される

2015年11月08日 19時58分
提供:Suzie

今日、寿命に関する研究が熱心に行われていますが、10年にわたる綿密な研究を経て、アメリカの科学者たちはある大発見をしました。

それは、老化に関係のある遺伝子が取り除かれると、細胞の寿命は著しく延びるというもの。今回は、そんな老化防止を期待できる新たな遺伝子に迫ります。

■寿命が60%も延びる「LOS1」遺伝子

細胞の研究をしている研究機関ザ・バック・インスティテュート・フォー エイジ・リサーチとワシントン大学の共同研究によって明らかにされたのは、ある遺伝子を取り除くだけで寿命が60%も延びるという新事実。

内容をまとめた論文は、10月に、セル・メタボリズムという学術雑誌で発表されました。調査は顕微鏡を用いて進められ、回虫も含む、約4,700の酵母細胞から特定の遺伝子を1つずつ取り除いていき、その結果もたらされる細胞への影響を分析していきました。

親細胞が分裂を停止する前にどれだけの子細胞が生成されるかが成功の指標となり、238種類の細胞が寿命の延長に関係していることが判明。

そのなかでも注目されたのが、寿命を60%延ばす「LOS1」という遺伝子です。論文ではこの研究結果がヒトにも適応できることが強調されています。

■カロリー制限と同様の老化防止効果有

この論文のおもな著者は、バック・インスティテュートのCEOであるブライアン・ケネディ氏。ケネディ氏はこの論文について、「ゲノムの相互関係を調べ 、加齢が体に与える影響の全体像を整理し、生物の老化に影響する細胞の相互作用のフレームワークを構築しました」と述べています。

カロリー制限は寿命を延ばすことが知られていますが、DNAへのダメージも同様の効果があり、「LOS1」の除去は老化防止に大いに役立つとも語っています。



高度な研究技術と、大学在学中の研究生を巻き込んだ長期にわたる研究は、新たな療法を模索する同研究チームにいわせれば、老化を促すすべての遺伝子経路間の関係をマッピングするためのより大きなプロセスの一部に過ぎないそうです。

発見された遺伝子のうち、端数は哺乳類も保有しているものであり、理論上では、健康である期間という意味での寿命を延ばすことは可能だと語るブライアン氏。これを実現させるために、今後も研究を進めていく予定だそうです

寿命が60%も伸びたら素晴らしいですよね。老化という概念自体が変わっている時代が、すぐそこまで来ているのかもしれません。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

Key to longevity? Blocking over 200 genes boosts lifespan by 60%, study reveals-RT

【関連記事】
暗黒物質の謎が解明?今後10年間で実現可能性が高い10のこと
ショック!生き返った人の39%が「死後も意識はあった」と証言
世界は数字が全てではない!数値化に隠された「恐ろしいリスク」
25周年のパロディ版ノーベル賞の中で最もユニークな発見10選
5秒ルールは嘘だった!すぐに拾っても菌の数は変わらないと判明

この記事のコメント

11件を表示 / 1件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1実は問題アリかも! 「夫に不倫される妻」の特徴6つ写真69 9月25日17時50分
  2. 2独身女性をイラッとさせる「既婚者のSNS」TOP3写真45 9月27日11時01分
  3. 3貧乏はアナタのせいかも? 夫を出世させるあげまん妻になる方法3つ写真15 9月27日20時00分
  4. 4ワーママの尻拭い役? 子なし夫婦が「損してる」と感じた体験談4つ写真36 9月26日20時00分
  5. 5「絶対」を使う男はヤバイ!? ダメ男が送ってくるLINEの特徴4つ写真1 9月27日19時40分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る