日刊アメーバニュース

古代のペンギンは2mもあった!

2015年10月24日 23時00分
提供:GIZMODO JAPAN

151016_penguin01.jpg


現代を生きているって素晴らしいことだと思いますが、絶滅した古代の動物を生で見れないのは大きな欠点だと思います。例えば、3700万年前に海を泳ぎ、地上をひょこひょこ歩いた約2mのペンギンとか。

現在、南極のペンギンたちは温暖化により苦境に立たされています。しかし3700万年前は、今より多くの種類のペンギンが生息していました。そのうちのいくらかは現在のペンギンと似たような見た目でしたが、それ以外は今では想像もできない姿をしていました。


151016penguin_02.jpgimage by Christopher Michel


特にとある一種のペンギンは、もし私たちの周りにいたら二度見するか、思わず逃げ出してしまうような姿でした。Palaeeudyptes klekowskiiの化石は二度発見され、実際の大きさはそれらを元に推測されました。どちらも全身ではありませんでしたが、それぞれから複数の翼の骨と足の骨が見つかり、それによって大体の大きさを測ることができたのです。

体のプロポーションが現在のペンギンと同じだと仮定した場合、この絶滅したメガペンギンはなんとおよそ2mの身長となります。この発見以前に最も大きかったペンギンでも約150cmで、皇帝ペンギンより約30cm高いだけでした。Palaeeudyptes klekowskiiは、他のペンギンがよちよち歩く中一際目立っていたことでしょう。また、他のペンギンよりも深く、あるいは長い時間水の中にダイブ出来ていたはずです。体が大きければ肺活量も多くなり、息つぎが必要になるまで40分は潜っていられたと考えられています。暗い水の中から、バスケットボールの選手並のペンギンが突然現れたと考えてみてください。

…やっぱり可愛いですよね、きっと。


Top image by Hannes Grobe/AWI, Creative Commons

Esther Inglis-Arkell - Gizmodo US[原文]
(scheme_a)

■あわせて読みたい
この色のアメックス見たことある?
これ手作りでプレゼントしたら喜ばれそう
絶妙に原色じゃないのが逆に目立ちそう
スマホのカメラはコンデジにとって変わるか
日常で「くつろぎ」を確保するビジネスマンは発想力があるという事実

この記事のコメント

11件を表示 / 1件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1子どもの貧困サインはどんなところで感じる?写真13 2月18日19時58分
  2. 2悲劇か喜劇か…実録!愛人との不貞に溺れた「不倫社長の悲惨な結末」写真8 2月18日23時00分
  3. 3「赤ちゃん、無事だからね。頑張って!」陣痛を耐えながらの緊急帝王切開の準備待ち写真6 2月19日00時15分
  4. 4斉藤由貴の毒親ぶりが怖いオカムス 女性が共感する理由写真13 2月18日16時00分
  5. 5いざ鉄拳制裁…!世にも恐ろしい「妻から夫への浮気の仕返し」実例写真10 2月18日23時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る