日刊アメーバニュース

足が痛くて病院に行ったら脳が半分しかなかったことが判明-フランス

2015年09月05日 23時33分
提供:マイナビスチューデント

44才のフランス人男性が、足が痛むので病院へ行ったところ、脳の50~75%が失われていることが発覚しました。それでも彼は普通の生活を送っているそう。
Lancet medical journalという専門誌に掲載されたところによると、結論として、人間の知能と脳の大きさは以前に考えられていたほど大きな関連性はないということです。
彼の脳を研究したLionel Feuillet氏は、次のように語っています。
「前頭葉、頭頂葉、側頭葉、後頭葉の全ての部位で、左脳も右脳も脳全体が小さくなっています。これらは、動作、感覚、言語、視覚、聴覚、感情、認識機能をつかさどる部位です。」

彼は生後6ヶ月のころに先天性水頭症という脳に水がたまる病気の診断をされていました。
当時、医師は液体を抜くための管を通す手術を行っています。
この管は彼が14歳になった時に取り除かれ、それから30年の間、脳に液体がたまってゆき、脳細胞が失われていったものと考えられます。

驚くべきことに、彼はこのような事実があることを知らないまま、2人の子供を持ち、公務員として働く、普通の生活を送ってきました。
唯一の問題はIQが平均より少し低いことだけです。

このことが2007年に発覚して以来、医師は脳内の液体を抜く治療を行ってきました。
8年間この症状を研究した結果、彼が生存しているのは、脳が少しずつ時間をかけて再構成していったことによるものだと、医師たちは考えています。
脳の一部が機能しなくなると、そこで行われていたことを、その他の部分が引き継ぐという具合です。

ちなみに彼は、脳の件が発覚しただけでなく、足の痛みも良くなったようです。人間の体って不思議ですね。
 
参考:Man goes to doctor with a sore leg and discovers he has half a brain
http://metro.co.uk/2015/08/16/man-goes-to-doctor-with-a-sore-leg-realises-he-has-half-a-brain-5345452/【関連リンク】
あなたの脳をリセットさせる!麻痺した脳みそを鍛える娯楽とは?
ビジュアル系ロックバンド『PENICILLIN』も40代で残念な姿
本当にあるの!?と思ってしまうビックリ仰天珍キノコ1位「シャグマアミガサタケ(脳みそのようなシワシワな凹凸が特徴で、日本でも見られる)」
3日坊主さんは大注目!24時間フル稼働で新しい外国語を学ぶコツ

この記事のコメント

11件を表示 / 1件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1彼氏は何年?「独身生活が長い男」と結婚すると訪れる試練3連発写真36 6月27日15時20分
  2. 2​お昼の惨事……お母さんにされた最悪の「お弁当テロ」3選「箸がない」「おかずがおでん」写真119 6月26日12時30分
  3. 3男子には理解できない!? 既読スルーをする時の女子の心理写真22 6月27日12時00分
  4. 4ダサい夫をユニクロで改造する3アイテム。計9000円で別人に!写真32 6月27日09時02分
  5. 5「4つのK」にご注意!嫁姑問題が起きやすい嫁の特徴4つ写真4 6月27日23時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る