日刊アメーバニュース

子供たちに大人気!「バディファイト」OP曲に高橋秀幸が決定

2015年07月11日 23時20分
提供:ドワンゴジェイピーnews

子供たち(小学生)を中心に大人まで熱く盛り上がっているトレーディングカードゲーム「フューチャーカード バディファイト ハンドレッド」。この夏も、各地で大会が行われていたように、全国で熱いカードファイトが繰り広げられている。ここに登場したシンガーの高橋秀幸も、子供と一緒にカードゲーム「バディファイト」に夢中になっている一人。「今、子供と一緒にガシガシ鍛えてるので、もうすぐ最強ファイターになりますから(笑)」と、本気で楽しんでいる。

ところで、「何故、ここに高橋秀幸が?!」と思っている方も多いだろうか。じつは彼、現在放送中のアニメ「フューチャーカード バディファイト ハンドレッド」の9月放送分より流れるオープニングテーマ『Beyond the limits』と、番組内で起用になる挿入歌『GO GO BUDDY!!』を歌うことが決定したのだ。
高橋秀幸と言えば特撮/アニソンシンガーとして活動。中でも、キッズ向け作品のテーマ曲を歌うことに特化した活動を行っている。本人も、「僕が歌う一番の目的は、子供たちが喜んでくれる歌を届けること」と語るように、キッズソングを歌うことに強い使命感を抱いている。今や、アニメも大人向けが主流だけに、高橋秀幸のように「子供たちに夢や力を与える」意志を持って歌う存在は、とても大切だ。
アニメ「バディファイト」のオープニングテーマ『Beyond the limits』の作詞を行ったのが、「ライダー」シリーズや「戦隊」シリーズの楽曲を多く手がけている藤林聖子。作曲を、高橋秀幸の先輩であり、数多くの「特撮/アニメソング」を手がけてきたサイキックラバーのYOFFYが担当。さらにアレンジを、同じく「特撮/アニメソングの編曲なら、この人」と称される大石憲一郎が手がけている。3人とも、高橋秀幸とは「音楽を通した盟友」たち。言うなればバディ(仲間)な関係だ。
『Beyond the limits』について高橋秀幸は、「元Reyの田崎慎也さんが弾く荒々しいギターの音が炸裂した、突き抜けてゆく疾走感と強さを持った曲です。歌詞には、Charge&Drawなどカードゲーム用語もいろいろ出てくれば、「限界のその先へ」と、夢を持った人たちに勇気を与えてゆく内容なのも嬉しいですね。物語ともいろいろリンクしているように、まさに限界の向こう側へ気持ちを連れていってくれる歌になりました。ライブで掛け合いしていけるのもポイントです」と語った。
数多くのアニソンを手がけている山崎真吾の手による『GO GO BUDDY!!』についても、「一緒にシャウト出来る部分が満載。歌詞も「仲間を大切に、ともに戦っていこう」と、バディたちに向けた内容。ゲームもアニメも、同じ想いや意志を共にしたバディチームどうしの戦いが軸になっている。戦う上での深い関係性も、僕はこの歌を通して子供たちに伝えたい」と、高橋秀幸は熱く想いを届けてくれた。
『Beyond the limits』も『GO GO BUDDY!!』も、アニメ「バディファイト」と連動した内容であり、高橋秀幸らしい「心に希望や勇気となる力を与えてゆく明るく弾けた楽曲」なのが嬉しい。
ところで、高橋秀幸と言えば“爽やかなシンガー”だったが、今は、とても“逞しく浅黒い顔つきやマッチョボディ”になっている。理由を聞いたところ、「まずは自分自身の弱さへ打ち勝つために鍛えている」とのこと。CDのリリースは、10月21日を予定。「その頃までにはバッキバキな、野生味あふれる姿になっているはず」と語っていたように、シングルの発売と同時に、高橋秀幸自身がどんな姿に様変わっているかも楽しみにしていて欲しい。
TEXT:長澤智典

【関連記事】
夏の湘南に戦隊ナンバーが轟く!Z旗feat.高橋秀幸「音霊」に参戦
高橋秀幸 孫悟空になりきる!?
高橋秀幸「たかぱす感謝祭」次回は生誕祭!

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1星野源、入院・休養経て変わった想い「ほぼ無くなりました」人見知りやめた理由とは写真5 4月29日11時59分
  2. 2楽しんご、芸能活動激減も22キロ増 整体と接待で「いい生活です」写真21 4月28日19時49分
  3. 3双子俳優・高木万平&心平、芸能界引退を発表 「桜蘭高校ホスト部」などに出演5 4月30日12時41分
  4. 4入院中の小林麻央「約束を守れませんでした」4日ぶりブログ更新写真13 4月29日09時52分
  5. 5桑田真澄の次男・Mattが「隠し子疑惑」についてコメント10 4月28日17時20分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る