日刊アメーバニュース

鳥山明の描き下ろしイラスト4点公開!『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の悟空が産経新聞をジャック

2015年03月30日 15時00分
提供:ウレぴあ総研

連載終了から20年近く経つ今でも、大人から子どもまで幅広い世代に愛されている少年漫画「ドラゴンボール」。2013年に17年ぶりの劇場版『ドラゴンボールZ 神と神』が話題を呼んだことも記憶に新しい。その続編となる新作『ドラゴンボールZ 復活の「F」』が、4月18日(土)に封切りとなる。

『ドラゴンボール』シリーズで学ぶ、まとまるチームと慕われる上司の条件

前作同様、キャラクターデザインを原作者・鳥山明が担当。さらに本作では初めて単独脚本もつとめており、少年漫画史上“最強の悪役”であるフリーザが復活するという。フリーザは原作以上にパワーアップしており、過激なバトルを繰り広げそうだ。

また、シリーズ初の「デジタル3D版」も通常版とともに上映予定。悟飯、ピッコロ、クリリンらが1000人の兵士と激突するシーンもあるというが、3Dだとかなりの臨場感を味わえるだろう。バトルソングはロックバンド・マキシマム ザ ホルモンが担当。血湧き肉躍る展開になるのは間違いなさそうだ。

公開に先がけて、本日の産経新聞では4Pにわたる広告を展開。そのなかで、鳥山による悟空の描き下ろしイラストが4点掲載された。劇中で着用する新しい道着を身につけた特別なビジュアルで、「かめはめ波のポーズ」や、「オッス!」とおなじみの挨拶するところが描かれている。

イラストともに、「キリン メッツ」とのコラボであるプレゼントキャンペーン告知や、「一番くじ」の情報も掲載。映画に向けてドラゴンボール熱を高めてくれる仕上がりだ。「zakzak」「ナタリー」など各メディアもこぞって取り上げており、本作の注目度の高さがうかがえる。

朝刊に掲載された広告だが、スマホの「産経新聞」のアプリでも見ることができる。本日中なら無料なので、急いでチェックしてみてほしい。

公開まで2週間を切った『ドラゴンボールZ 復活の「F」』。企業とのコラボやメディア展開などを楽しみながら、映画への期待を高めていきたい。


【関連記事】
2015年に見ておくべき映画、厳選25本!【日本映画編】
【漫画】『ハイスコアガール』だけじゃない! “休載・中断・回収”になった漫画あれこれ
『ドラゴンボール』シリーズで学ぶ、まとまるチームと慕われる上司の条件
【2015春アニメ】アニオタ女子ライター厳選! 女子にオススメしたい「注目作10本」
【2015春アニメ】今期はどれ見る? アニオタライター厳選の“必見10本”はコレだ!

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1成宮寛貴氏「相棒」最終回に登場 驚きの声殺到写真46 3月23日14時10分
  2. 2山本耕史、スキャンダル写真が海パン一枚写真13 3月21日21時16分
  3. 3「タラレバ」KEY(坂口健太郎)、ギャップ炸裂の告白&塩スマイルエンドに陥落「一瞬で撃ち抜かれた」「殺傷能力」写真4 3月23日01時23分
  4. 4沢尻エリカ「暴れだすとポロリもあった」撮影中断の衝撃事件も初告白写真7 3月22日17時50分
  5. 5浜崎あゆみ、17年200回の歴史に幕写真22 3月22日00時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る