日刊アメーバニュース

『島耕作』作者・弘兼憲史氏「育児に熱心な男は出世しない」

2015年01月24日 07時00分
提供:NEWSポストセブン

 少子化時代、女性の社会進出が進む時代ゆえか、「男の育児」が礼賛される風潮だ。しかし、漫画家・弘兼憲史氏があえて異議を唱える。

 * * *
 昨今、子育てを熱心にやるイクメン会社員がもてはやされています。しかし現実には、仕事のできる人間というのは家庭では必ずしも好かれていないし、逆に家庭的で幸せなパパというのは会社ではそんなに出世しない、という構図があります。

 仕事ができて出世して、家庭でもイクメンで運動会にも参加して子供に好かれる。それはもちろん理想ですが、現実には難しい。

 たとえば僕が上司の立場だとして、急遽、重要な案件が発生して緊急会議になるから残ってくれ、と部下に頼んだとします。その返答が「すみません、今日は子供の誕生日なので帰らせてください」だったとしたら、僕はその部下を仕事から外しますね。

 たとえ子供の誕生日だとしても会社の重要案件となれば、給料をもらっている以上、やっぱり会社を優先すべきです。子供の誕生日、あるいは子供の運動会程度のことで会議をすっぽかすな、とは言いたい。

 僕自身、子供のときにオヤジが運動会に来てくれたことはなかったし、それで嬉しいかといえば、全くそんなことはない(笑)。「運動会に来い」というのは、実は母親の自己満足ですよ。「よそのお父さんみんな来ているのになんであんた来ないの?」という。

 なにより問題なのは、多くのパパたちがイクメンになったからといって、イクメンではないけれど仕事に打ち込んでいる父親への、ある種の批判的な意見が当然のように存在する、ということです。本来、どちらが正しい、こうあるべきだという話ではないはずです。

※SAPIO2015年2月号


【関連記事】
セイン・カミュ 虐待親には「子供と同じ苦しみと恐怖を与えるべき」
元陸上部36才主婦 息子の運動会50m走出場しアキレス腱断裂
悠仁さま参加お茶女小運動会 厳戒態勢で保護者が落胆の声
60代母の悩み「40才次男が独身」「子が経済的自立してない」
ソニーの覗きながらビデオ撮れるデジタル録画双眼鏡開発秘話


ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1若っ!2位永作博美より…男がカワイイと思う「童顔芸能人」1位は写真11 2月23日07時30分
  2. 2胎児の推定体重まさかの4kg超え!? 難産覚悟で迎えた出産だったけど…写真13 2月22日21時15分
  3. 3「デブ」?「おしゃれ」?お笑いタレント・渡辺直美に賛否両論の声写真65 2月21日22時00分
  4. 4「ユニクロピンク」が効果的!?彼をドキドキさせる大人のデート服写真6 2月22日21時30分
  5. 5プロポーズされてもちょっと待って!結婚すると不幸になる男の特徴写真9 2月23日15時30分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る