日刊アメーバニュース

本広克行監督「アイドル映画は手を抜いて作られている」 ももクロ主演作は骨太に

2015年01月03日 07時30分
提供:クランクイン!

 ももいろクローバーZ主演映画『幕が上がる』(2015年2月28日公開)の現場取材会が、昨年に静岡県内で行われ、撮影の合間に本広克行監督が取材に応じた。本作のほか、昨今のアイドル映画について口を開き「最近のアイドル映画は相当手を抜いて作られているなって思います」と自身の考えを明かした。

【関連】ももクロ主演『幕が上がる』フォトギャラリー

 本作は、弱小演劇部の少女たちが全国大会を目指し、試練を乗り越え輝いていく青春ストーリー。劇作家・演出家の平田オリザの青春小説が原作となっている。

 ももクロを主演に据えた経緯について「自分で企画を立てて、ももクロさんに交渉をして、配給会社にお願いしました」とセルフプロデュースしたことを明かす。「七番勝負というイベントで、ももクロさんがワークショップをやっていたのを見たんですけど、異常に芝居が良かったんですよね。そこから映画を真剣に作ってみようと企画しました。決してモノノフではありません(笑)」と説明。

 メンバーの印象については「セリフが必ず入っていて、朝一から言えるんですよね。ポテンシャルが高いというか、完璧に教育されているんでしょうね」と驚いた様子。「振付の稽古を見せてもらったとき、先生がやった振付を、彼女たちは瞬時に取り込んでいくのを見て、この吸収力の早さが演技にも生かされているんだなと思いました。かなりいい女優ですよ」と絶賛した。

 さらに、「若い女優さんだと、待ち時間に寝ちゃったりするんですけど、彼女たちは一切そういう瞬間を見たことがない。その姿勢がスタッフにも移り、いい作品にしようといういい効果が生まれています」と感心していた。取材時もそういう姿は一切見せず、共演者やスタッフと談笑したり、メンバーの演技を真剣に見つめる姿を目にした。

 また、本作については「完全なるアイドル映画を目指しています」と明言。「原田知世さんや薬師丸ひろ子さんが出演していた80年代頃の骨太なアイドル映画を狙いたい。アイドル映画はヒットしないと言われていますが、アイドルだって本気を出せば、これくらいのものはやれるというものを見せたい」と意気込んだ。

■関連記事
「ももいろクローバーZ」人物ページ&フォトギャラリー
北川景子、歌とダンスを10年ぶりに披露!ももクロとライブパフォーマンス
ももクロ、「ムーンライト伝説」熱唱! セーラー戦士風の衣装で迫力のステージ披露
ももクロ・百田夏菜子、あーりんの圧に潰される!? メンバーとのラブシーン裏話を告白

※フィーチャーフォン向けサービスの停止とコメント機能廃止のお知らせ

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1田中聖容疑者の誤報で「グッディ!」が謝罪写真19 5月26日17時26分
  2. 2水原希子の悲痛と訴え「胸が張り裂けそうなくらい苦しい」写真42 5月24日18時30分
  3. 3桂ざこば、故・やしきたかじんさんとの絶縁の理由を告白3 5月27日06時00分
  4. 4小林麻央、ブログ更新できなかった理由を明かす写真20 5月24日14時45分
  5. 5高橋真麻「声がピタッと出なくなった」原因&診断結果を明かす写真4 5月24日15時07分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る