日刊アメーバニュース

1分1ドルで抱きしめます!「抱きしめ屋」の米女性、大繁盛で嬉しい悲鳴

2014年12月04日 12時12分
提供:マイナビウーマン

アメリカ、オレゴン州に住む30歳の女性、サマンサ・ヘス(Samantha Hess)さんが提供するサービスは、なんと「抱きしめサービス」。1分1ドルで抱きしめサービスを提供するという彼女のお店「Cuddle Up To Me」は、開いて1週間のうちに注文を入れてきたお客の数はなんと1万人!現在も需要に応えるために大忙しだとか。

彼女のお店に注文するには18歳以上である必要があり、彼女のお店の中にある4種類の部屋から好きなお部屋を選び、そこでお好きな時間だけ抱きしめてもらうサービスを受けられます。また、出張サービスも行っており、クライアントの指定の場所に出向くことも。

当然ながら、性的な行為・要素は一切無し。サービスを受ける前に、「着衣のままで、お互いに礼儀正しく接する」旨を明記した誓約書にサインをすることになっています。各部屋には、万一のトラブルに備えてビデオカメラも設置してあります。

サマンサさんは「追加サービスなどは一切無し。人々に(抱きしめてもらうことで)今日ある自分の価値を感じて欲しいし、彼らが“受け入れられてる”と感じてくれているとわかると嬉しいの」と話しています。

通常は1時間のサービスながら、15分などの短時間から最長で5時間までの延長も可。複数の抱きしめポジションから好きな体勢を選んで、ベッドかソファの上でサービスを受けます。サマンサさんによると、人との接触がそこまで得意でない、という人にはソファが向いているそう。

また、クライアントの要望によっては、一切身体に触れずに隣に座り、声を出して本を読んだりということも。肥満の人、筋萎縮性側索硬化症患者の人、手や足の無い人など外見も様々ながら、彼氏彼女と分かれたり、離婚したばかりの人など、バックグラウンドも様々だとか。

サマンサさんは、あまりの需要の多さに3人の女性の雇い入れを決定。彼女が設計した40時間のトレーニング・プログラムを終了後に新たに戦力となってもらうそう。「抱きしめ屋」人気、今後ますます高まるのでしょうか…?!

参考:
Woman Opens Professional Cuddling Shop, Struggles to Keep Up with Demand
http://www.odditycentral.com/pics/woman-opens-professional-cuddling-shop-struggles-to-keep-up-with-demand.html

関連リンク
世界初!?元恋人との思い出品など“恋愛残留物”を密かにとっておける新サービス登場!
故人の思い出を永遠に。遺灰で故人の絵を描くサービスが登場
世界を熱い抱擁でつなぐ!「ハグ」をして世界を回る日本人男性「桑原功一」

この記事のコメント

120件を表示 / 37件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1えっ私が…!?「心の病」を発症しやすいママの意外なタイプ写真25 12月06日22時30分
  2. 2部屋干し臭で彼からドン引きされないために エアコンの風で洗濯物を乾かすのは今すぐやめて! 12月07日09時29分
  3. 3顔立ちはキレイなのに、美人に見えない「オーラなし女子」の特徴とは写真6 12月08日21時22分
  4. 4真面目な人! と見せかけて、「隠れオンナ好き」っぽい男子の特徴6つ写真24 12月07日07時01分
  5. 5ソコ盲点だった!?「会社を辞めるとき」に注意しないといけないこと4つ写真6 12月07日07時45分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る