日刊アメーバニュース

タワーマンション 最上階に住むボスと下階住民の格差が存在

2014年11月26日 16時00分
提供:NEWSポストセブン

 さまざま人々が住むマンションでは、人間トラブルも少なくない。特に、地上20階を超えるタワーマンションでは「棟内格差」ともいえる問題が起こりがちだ。

 都内在住のA子さん(43才)が住む25階建てマンションには、息子を同じ私立小学校に通わせるママ友が3人住んでいる。彼女たちはみな、20階以上の「億超え」に住むセレブたちで、5000万円台の7階に住むA子さんはいつも見下されているように感じていた。

「あれはつい先日のこと。ちょうど私がパートで出かけようとした時、エントランスでママ友たちと出くわしたんです。そろってどこかへ出かける様子で、私を見るなり、『あら、今からお仕事? 大変ね~。私たちは銀座にランチしに行くのよ~♪』なんて嫌みったらしく言うんです」

 聞けば、そのママ友3人のランチ会は毎週恒例で、時には同じマンションの居住者を自宅に招いてお茶会も開いているという。

「だけど、彼女たちが声をかけるのは20階以上の居住者だけ。7階に住む私は呼ばれたことはありません。まるで『私たちとは住む世界がちがうのよ』と言われているようで、無性に腹が立ちます」(A子さん)

 大阪府在住のB子さん(55才)は、20階建ての最上階の広い部屋に住む「ボスママ」の横暴ぶりに辟易している。

「そこの一家が、マンションが建つ前にこの土地の一部を所有していたこともあって、管理組合で強い発言力を持っているんです。総会でも、ほかの居住者の意見を聞くというより、自分のしたい方へ周りを誘導して、誰も口を挟めない雰囲気が続いています」(B子さん)

 5年前に大規模な修繕を行った際も、予算をどうするか、どの会社に依頼するかといった問題を決めた時は、ほとんど「ボスママ」の独断といってもいい状況だった。

「彼女の家は裕福なので、ろくに見積もりも取らないでイメージだけで決めてしまうんです。私の住むマンションは築20年なので、この先修繕や建て替えなどの問題が山積み。金銭的にそれほど余裕のない家庭は今から戦々恐々としています」(B子さん)

※女性セブン2014年12月4日号


【関連記事】
私は一人の人間だ!「○○ちゃんのママ」と呼ばれるのを拒否
水谷豊 長女と俳優・田島優成の同棲に反対も泣く泣く了承
ママ友ランチ会 節約のために水飲むママは次回呼ばれない
「女子カースト」の実情に迫る一冊 人間関係を円滑にする方法
ママカーストを題材に描かれる背筋が凍るほどのミステリー


コラムアクセスランキング

  1. 1ここは夢の国! ディズニーランドで遭遇したムカつく客3選写真 7月21日09時00分
  2. 2母乳はどのように作られているの? 5つの栄養素と粉ミルクとの違い写真 7月21日10時00分
  3. 3夏場のお弁当はホカホカよりキンキンで! 「冷たいお弁当」で夏バテ知らず写真 7月21日06時30分
  4. 4もう一品欲しい時にぴったり!今が旬のきゅうりを使った副菜写真 7月21日07時00分
  5. 5志望理由以外にも? アルバイトの面接でよく聞かれる質問Top5写真 7月21日20時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る