日刊アメーバニュース

女性が化粧にかけている時間は平均13.6分 - 1カ月の平均投資金額は?

2014年11月20日 17時35分
提供:マイナビニュース

ポーラ・オルビスホールディングスが運営するポーラ文化研究所はこのほど、「女性の化粧行動・意識に関する実態調査2014」を発表した。

同調査は、2007年に開始して以来、今回が10回目となる。対象は首都圏に居住する15歳から64歳の女性。5月21日から29日にかけてインターネット調査で実施、5歳刻みの世代で各150人、合計1,500人のサンプルを得た。

○スキンケアは日常的行為

「スキンケアの重要度」を調査したところ、「重要」が87%、「重要ではない」が13%という結果になった。

「スキンケアの目的」については、「潤いを与える」が59%で最も高くなった。ほか「ハリ・弾力を与える」、「紫外線から守る」、「肌をきれいにする」、「肌を健康にする」、「老化を防ぐ」が上位となった。

「スキンケアの頻度」は、「毎日」が57%、「ほぼ毎日」が24%という結果となった。

「よく使われるスキンケアアイテム」は上位が、洗顔料(95%)、化粧水(92%)、クレンジング(81%)、日焼け止め(77%)となった。

「行っているスキンケアへの評価」は、「十分+過不足なく適当」が39%、「やや足りない+足りない」が46%だった。また、スキンケアに月7,500円以上投資している人は、「十分+過不足なく適当」が52%で、月2,000円未満の人は、「十分+過不足なく適当」が37%という結果となった。

○日常的にメークは約6割

「メークの重要度」を調査した。「ベースメーク」は、重要が77%、重要ではないが23%。「ポイントメーク」は、重要が69%、重要ではないが31%。「ベースメーク・ポイントメーク共に重要」が66%という結果になった。

「メークを行う頻度」を調査した。その結果「毎日」が23%、「ほぼ毎日」が35%で、約6割が日常的にメークをしている結果となった。

「1日のはじめのメーク時間」を調べたところ、平均は13.6分となった。2009年は15.0分、2011年は14.4分で、年々時間が短くなる傾向が見られた。

「よく使われるメークアイテム」は、ファンデーションが81%、口紅が75%、アイシャドーが74%、アイブローが71%、チークカラーが70%となった。

「化粧品の1カ月平均投資金額」を調べた。その結果、「スキンケア化粧品」の平均額は3,244円、「メーク化粧品」は、2,179円となり、2007年以降減少傾向にあることがわかった。

【関連記事】
男性は遺伝子レベルで女性を選ぶ!? 「本能でズキュンといわせる」5つの方法
ナチュラル=スッピンにあらず!男ウケメークのコツ・4つ
損してる!肌キレイなのに「ファンデ濃いなぁ」と思われるNG5つ

コラムアクセスランキング

  1. 1【日刊Sumaiまとめ】日々の「困った…」をスパッと解決!優秀すぎる「100均アイテム」4つ写真 7月22日20時00分
  2. 2そりゃ太るわ! 肥満体型の人の恐ろしい食生活3選写真 7月23日09時00分
  3. 3食で実践!熱中症予防につながる飲み物、食べ物写真 7月22日18時00分
  4. 4女性だけじゃない!男性のつわり「クーヴァード症候群」とは?写真 7月22日20時00分
  5. 5なれるなら…白石麻衣!真っ白陶器肌「まいやん顔」をつくるメイク術写真 7月23日08時30分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る