日刊アメーバニュース

マツダ「グローバルMX-5カップ」画像ギャラリー ─ 次期ロードスターのレース仕様

2014年11月06日 11時33分
提供:clicccar

2014年9月の日米欧・世界同時公開以来、徐々に情報を公開する次期マツダ・ロードスター。

全米最大級の自動車カスタマイズ見本市であるセマショー2014において、2016年から始まる予定のグローバルカップのレース仕様を披露しています。

現時点では、公式なスペックなど明らかとなっていませんが、純レーシングのワンメイク仕様となる模様で、様々な要素が開発中といいます。

写真では、いかにも北米スタイルのセーフティネットや大型バックミラー、シフトタイミングランプなどがコクピットに確認できますが、これが最終仕様というわけではないようです。

なお、次期ロードスターは1.5リッター、2.0リッターのSKYACTIV-Gガソリンエンジンを搭載予定ですが、カップ仕様は2.0リッターを積んでいるということです。

この、次期ロードスターを使った「グローバルMX-5カップ」は、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど各地で開催され、世界統一戦も行なわれるというウワサもあります。果たして、どのようなレギュレーション、シリーズ内容となるのでしょうか。

2015年内には車両も含めて詳細が発表されるということですが、楽しみな新カテゴリーの誕生といえそうです。

■関連記事

新型ロードスターの注目ポイント6つ
http://clicccar.com/2014/09/04/267242/

4代目マツダ・ロードスターは1.5リッターエンジンを宣言【パリモーターショー2014】
http://clicccar.com/2014/10/03/271382/

次期ロードスターが100kgの軽量化を可能にした3つのポイント
http://clicccar.com/2014/10/04/271414/

北米版マツダ新型ロードスターは2.0リッターと判明!
http://clicccar.com/2014/10/28/275474/

 

(山本晋也)


【関連記事】
マツダMX-5(ロードスター)のレース仕様が発表【セマショー2014】
消費税率アップで冷え込む市場を活性化させる注目の3台
マツダ・アクセラが国産ハイブリッドとして初の安全装備標準化
新型デミオの評価ポイントとディーゼル人気はどうか?
マツダが2017年に「ロータリー」エンジンを復活させる!?

スポーツアクセスランキング

  1. 1<速報>松山英樹は通算3アンダーで後半へ、首位とは1打差写真 7月22日01時51分
  2. 2ボルト、9秒95で優勝=陸上DL写真 7月22日10時14分
  3. 3石川遼&岩田寛は予選落ち、チャド・コリンズが首位で大会を折り返す写真 7月22日10時50分
  4. 4<中間速報>松山英樹、3連続バーディ奪取!通算2アンダーで後半へ写真 7月23日00時27分
  5. 5清宮、高校通算106号=早稲田実は準々決勝へ-西東京大会写真 7月21日13時28分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る