日刊アメーバニュース

原因は環境or遺伝? 一度落ちてしまった視力を取り戻す方法

2014年10月22日 19時00分
提供:パピマミ

こんにちは、フードライターの大塚朝香です。

私自身も“眼鏡族”であり、視力は0.1以下です。眼鏡生活も20年近くになるため、すっかり顔の一部になってしまいましたが、私と同じように、「できれば視力を回復させたい」と考える人もいるはずです。

そこで今回は、「そもそも、一度落ちた視力は元に戻るのか?」ということを考えていきましょう。

●そもそも視力はなぜ落ちる?

そもそも、視力はなぜ落ちるのでしょうか? 一般的には、

・環境
・遺伝子の影響

の2つの要因があるとされます。

ただ、実は視力低下に関しては、後者の“遺伝子の影響”の方が大きいのではないか、と考えられています。特に近視の場合、親からの遺伝率は約90%と言われており、「親が近視なのに、子どもは近視ではない」というケースの方が珍しいと言えます。

近視になると、網膜よりも手前でピントが合うようになります。つまり、遠くを見てもぼんやりとした状態になってしまい、上手に物の輪郭がつかめなくなります。

また、目の筋肉が緊張することでも近視が起こります。

●視力を回復させるための方法って?

視力を回復させるためには、このような緊張状態を緩和させたり、ピントの合わせ方を調節しなければなりません。

方法は意外なほど簡単で、「見えるか見えないかぎりぎりの位置の焦点をあわせ、そこに書いてある文字などを当てる訓練をする」というものです。

これによって、目の筋肉の緊張がほぐれ、遠くでピントを合わせることに“慣れさせる”ことができる、と考えられています。

これは東大名誉教授によって提案された方法であり、厚生労働省からも認可を受けた方法です。

もちろん、個人差はありますが、効果はあるとみるべきでしょう。

ーーーーーーーーーー

かつては、「視力は一度落ちてしまったら回復しない」と言われていました。

しかし、現在はあらゆる専門家から、「これは固定概念にすぎず、実際には正しい訓練によって回復する」という見解が出されています。また、それを可能にするトレーニング方法もたくさん打ち出されています。

眼鏡のない生活をしたいと考えている人は、一度試してみてもよいのではないでしょうか。

(ライタープロフィール)
大塚朝香(フードアナリスト)/家でできるダイエットで、1年で17kg減量したアラサーライター。ファミレス勤務→葬儀会社勤務→デパート勤務を経てライターに。デパート勤務時代やダイエット時代に学んだ、「おいしくてヘルシーで安く、満腹感があってお洒落なメニュー」を編み出すのが得意。3000以上の美容記事を執筆し、100以上のオリジナルレシピを発表し、糖尿病や高血圧、メンタルヘルスにも携わってきました。母が看護師、兄が社会福祉士、姉が介護福祉士のため、医療や健康面の質問にもお答えできます。

【関連記事】
結婚したら冷たい態度に! マンネリ夫婦の愛を取り戻す方法
「やってよかった」の声多数! 失恋女性が噂のメール占いで相談してみた結果
眼精疲労に効く8つの栄養素
プールでは特に要注意! 子どもの感染症4つ【目・皮膚のかゆみ編】
これって飛蚊症カモ!? 視界に“黒い点”が見える場合に考えられる病原2つ

この記事のコメント

11件を表示 / 1件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1夫を驚愕させた「妻の手料理」4選 「●色のカレー」「トルコ料理のクスクス」ほか写真23 8月28日11時01分
  2. 2なんであの子が?地味なのに「なぜかモテまくる女」の共通点4つ写真7 8月28日19時30分
  3. 3夫…赤っ恥!「職場の人に紹介できない嫁」認定されちゃうイタ~イ特徴3つ写真45 8月27日21時00分
  4. 4元園長でも時給850円!「パート保育士」の涙が出そうな実態写真1 8月28日18時00分
  5. 5「死体置き場みたい」ブラック飲食店のリアル写真5 8月28日16時12分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る