日刊アメーバニュース

使い方合っていますか?間違いやすいあるある日本語4つ「つかぬこと」「役不足」

2014年10月13日 12時29分
提供:マイナビウーマン

日本語の中には本来の意味とは全く違う意味で、誤って使われているものも多くあります。そして本当の意味を知っている人に誤った使い方の言葉を選んでしまうと、とんでもない誤解をされてしまうことが……。すれ違いを防ぐ意味でも、こんな言葉の使い方には気をつけましょう。

■「つかぬこと」の使い方

つまらないこと、バカバカしいことを聞くときに「つかぬことをお聞きしますが……」と使っていませんか? 「つかぬこと」はそれまでの話とは全く関係のないこと、だしぬけに何かを聞くときに使う言葉です。それまでの話の流れで、どうでもいいつまらないことを補足で聞くときには「ちなみに」を使いましょう。

■「役不足」の使い方

何か失敗をしてしまったときに「私が役不足なせいです。大変申し訳ありません」と謝ったことはないでしょうか? 実は「役不足」は任された役目や役割が軽すぎて、自分の力量が十分に発揮できない、という意味で本来は使う言葉なのです。

そのため上記のように謝ってしまうと、「あなたが任せてくれた役割は、私には軽すぎてやる気にならなかったよ」という意味に受け取られる可能性があるのです。「自分の力量が足りなかった」という意味の言葉を使うときは「力不足」を使うようにしましょう。

■「さわり」の使い方

話すと長くなることや、または全部聞くと長くなる音楽を聴くときによく「さわりだけ聞かせて」ということがあります。このときに使う「さわり」の本来の意味は、「重要な部分」や「もっとも感動的で、印象深い部分」のことです。

しかし最近では話や音楽の「最初の部分だけ」という意味で使われていることが多い様子。「話のさわりだけ」と言う場合は、正しい言葉の意味に従うなら「オチを先に話す」ということに。オチは後にとっておきたい場合は「最初の部分だけ聞かせて」と言った方がよいかもしれません。

■「檄をとばす」の使い方

上司からの指示を誰かに伝えに行くときに、「あいつやる気がないから、ついでに檄をとばしてやってくれ」等言われたことはありませんか? 実はこれは間違った使い方。本来は自分の主張に同意を求め、決起を促すことを指して使う言葉。

「私に同意してくれ! みんなで立ち上がろう!」というときに使う言葉なのです。現在は相手を激励したり、元気づけたりする意味の言葉で使われることが多いようです。ちなみに「檄」と激励の「激」は漢字も違います。

「檄をとばす」の使い方を間違えても、間違った使い方をする人が多いためそれほど恥ずかしい思いをすることはなさそうですが、漢字は見てすぐ違いがわかるので注意。気をつけましょう。

言葉の中には誤った意味の言葉が、すでに一般的に浸透してしまっている場合もあります。ただし、だからといって誤解やすれ違いを生まないとも限りません。特に言葉の使い方にうるさい人と話すときは、言葉の意味に気をつけて、慎重に言葉を選ぶようにしてみてくださいね。

関連リンク
非常識な日本語→「ユニセフに募金した」
非常識な日本語→「監督が選手に檄(げき)を飛ばす」
全てが悪いワケじゃない!実は意外と使える癖習慣「全ての日本語を頭で英訳する」

この記事のコメント

12件を表示 / 2件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1夫の急死で変わること、最も困ることとは?写真40 6月22日06時58分
  2. 2リバウンド知らず!運動より大事な「ヤセるテクニック」2つ写真25 6月22日11時30分
  3. 3リスクはどんどんUPする!? 「35歳以上の高齢出産」リスクと3つの事前準備写真5 6月23日23時00分
  4. 4掘北真希の妊娠報道が早すぎ!「安定期まで妊娠を隠す」秘策5つ写真21 6月23日15時20分
  5. 5LINEから本気度がわかる!? 彼の本心を見抜く「魔法の質問」とは写真2 6月24日17時50分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る