日刊アメーバニュース

実はいいことだらけ!AV観るカレ「許容すべき4つの深い理由」

2014年09月13日 23時00分
提供:Menjoy!

カレとの共用パソコンの閲覧履歴にエッチな動画のURLが……。こうした状況に面した際に、女性としては“見て見ぬふり”をすべきか“問い詰める”か迷ってしまいますよね。
世の女子はどのように考えているのでしょうか? ちょっと聞きにくい話題を『Decolog』のおしゃべりテーマ「カレがAV観るのってあり?なし?」が広く調査。様々な意見が出されるなか、女性から見たAVの上手い活用方法が見えてきたので、ご紹介したいと思います。
 
■1:自分の代わりに
「相手したくない時だってあるし」
「毎回もやってたら体がもちません」
カレがカラダを求めてきても、自分が乗り気じゃなかったり疲れてヤル気が起こらない時の代替手段として観てもらうというテクニックです。付き合って間もない頃だとちょっと引いてしまう気もしますが、気心しれた仲であればカレの欲求不満を解消するにはお手軽かもしれません。
 
■2:浮気のエネルギーを抑える
「ぜんぜんあり そこら辺にいる野生の女(笑)に手を出すよりマシ(*´ч`*)」
「画面で見るぐらい好きに見せときゃいいんよ それで満足なら。」
カレの性欲が溜まってしまって、他の女性に気持ちがかたむいてしまったり、有料のお店に行ってしまうエネルギーを抑える手段として使うという意見。
遠距離恋愛をしている方などは、AVを観ることを許してあげることによってカレの高ぶる気持ちを静めることができることでしょう。
 
■3:ベッドタイムをよりよくするために
「それでテクニック向上するなら 別に見てもよろしいかと。」
セックスのテクニックがお上手ではないカレにプロの技を勉強させちゃいましょう。他にも一緒に観て気分を盛り上げるといった意見もちらほら。自分以外の女性のハダカを見るのがイヤじゃなければ、ちょっと刺激のあるプレイとして良いかもしれません。
 
■4:カレの好みの把握に
「お気に入りなんて言われたら こーゆー子がいーんやってじっくり見ちゃうかも」
「自分以外の身体に興味持ってそれに興奮するなら、どんな物なのか、気になる」
普段「どんな子がタイプなの?」と聞くと「うーん、清楚系かな」とうやむやにするカレでも、AVを前にすると本性が現れてしまうというもの。
本当のカレの嗜好を知る勇気があるのであれば、カレが居ない間にこそっとPCの閲覧履歴を見てチェックしてみましょう。知ったところで自分にはカバーできない可能性もあるので、くれぐれも覚悟をしたうえで挑んでみてくださいね。
 
以上、AVを観るカレを許容すべき4つのポイントのご紹介でした。いかがでしたか? 生理的に受け付けない!という方も「男子ってしょうがない」くらいの寛容さで許してあげることでメリットもあるかと思います。くれぐれも“後片付け”だけは見えない形で処理するよう釘を刺しておきましょう!
 
【関連記事】
※ 彼は1日何分?AV見すぎで「脳が収縮するおそれ」と独研究で判明
※ AV監督に聞いた!男に「本気で愛される女」になる方法4つ
※ 美人が一番ヤバい!「独りコースまっしぐら」残念な特徴3つ
※ 貧乳でもバレない!「意外と巨乳じゃん」と思わせる日常しぐさ4つ
※ もうバレバレ!「惚れた女にだけする」男のボディーランゲージ5つ
 
【姉妹サイト】
※ モテないわけがない!「女子アナ風」スタイルでオフィスの花になる方法
※ 労力ゼロで年間約3万1千円達成!簡単すぎるちょっとした節約術
 
【参考】
※ カレがAV観るのってあり?なし? – @GIRL TIMES

【関連記事】
もうバレバレ!「惚れた女に無意識にしてる」男の変な態度3つ
当たってる!結婚の際の新たな目安「オトコの身長と経済性」
オトコは「優しい天使と小悪魔」どっちが好きなの?でわかったこと
他のコにはナイショ!「彼にだけそれとなく好きと伝える」テク4つ
ホンネ出た!「オトコがどのくらいの頻度でデートしたいか」判明

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1かわいくないのに……! なぜか「口説きたくなるオンナ」の特徴4つ写真31 8月21日16時15分
  2. 2旦那が嫌がる「妻のお金の使い方」3写真11 8月23日11時15分
  3. 3完璧主義な人は要注意!「うつ病」の兆候をチェックしよう写真10 8月23日21時00分
  4. 4腹筋したくない人もできる!?くびれ作りのマル秘テクニック写真 8月23日10時22分
  5. 5女子から見て「将来、出世しそうだな」と思う男子の特徴4選写真10 8月24日10時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る