日刊アメーバニュース

おへそにアレを入れるって!? 「夏冷え女子」を救う画期的な方法

2014年08月21日 21時00分
提供:美レンジャー

夏なのに、お腹周りがヒンヤリしていませんか? 毎日暑いので冷え対策を忘れてしまいがちですが、特に下半身の冷えは、恐ろしいトラブルの原因になるので要注意!
冷えを放置すると、太りやすくなったり、シミができやすくなったり、便秘になったり、ホルモンバランスが乱れて肌が荒れたり、無月経や不妊になったり……と悪いことの連鎖が起きかねません。
今回は、夏も冷え冷えの女子を救う画期的な方法を5つご紹介します。ぜひ、今日から行動に移して、冷えた下半身を温めるのに活用してください。
 
■1:超簡単リンパケア
運動不足や疲れ、長時間座り仕事などで、リンパの流れは滞りがち。毎日、リンパケアで余分な水分や老廃物を流せば、血行がよくなりポカポカ温まります。
お風呂やリラックスタイムに、ボディオイルを使って超簡単なケアを毎日行ってみてください。お腹のリンパケアは手のひらで温めたオイルで、おへそを中心に時計回りに10回程度擦るだけ。
脚は、まず足首から膝裏にかけて行います。両手で脚を包むように、5回程度擦り上げます。次に、手をグーにして膝裏をグリグリしましょう。膝から上は同じように両手を使って、脚の外側と内側を同時に付け根まで擦り上げます。
ボディの保湿も兼ねて、ぜひ毎日やってみてください。
 
■2:おへそに水晶を入れる
株式会社スローライフが販売する『ホワイトストーン』は、特にお腹まわりが冷えていて、睡眠や排卵、お通じに悩みがあった方の救世主になっているようです。同社の調査によると、ホワイトストーンをおへそに入れたベビ待ちさんの74.1%が体が温まり、3周期以内に妊娠に成功したのだとか!
『ホワイトストーン』は、おへそを温めると内臓機能の調子が整うという東洋医学の教えと、良質な天然水晶は人体への温熱効果に優れるという、米国ストーンセラピーを融合したもの。試してみては?
 
■3:レッグウォーマーと腹巻
血液を心臓に向かって押し返す役目を持つふくらはぎは、冷やさないことが重要。自宅やオフィスでは、レッグウォーマーで温めて。女性はお腹が冷えがちなので、薄手の腹巻を常に着用するとよいでしょう。多くの女優さんやモデルさんも着ているそうです。
 
■4:マルチビタミンとミネラルサプリを活用
代謝に関わり、エネルギーや熱を作り出すビタミン・ミネラルが不足すると、体が冷えます。食事から摂るのが基本ですが不足しがちなものなので、マルチビタミン・ミネラルサプリの活用はおすすめ。
 
■5:なす・トマト・きゅうりを控える
夏野菜は水分が豊富。暑苦しい夏の体を冷やす役目を持っています。でも食べ過ぎは、冷え過ぎる恐れがあるので注意して。
 
万病の元ともいわれる冷え。夏だからといって怠ることなく、しっかり撃退していきましょう。
 
【関連記事】
※ しみやそばかすを助長する!放置はマズイ「冷えと血流の悪さ」
※ 【動画あり】こなれて見えて使える!「ずり落ちない」袖のまくり方
※ 夏こそ洗い過ぎには要注意!勘違いだらけの「NG毛穴ケア」とは
※ 絶対焼かない!海やプールでの「日焼けを最小限に抑える」テク4つ
※ 勝負は24時間!そのうっかり日焼けを「なかったこと」にする方法
 
【参考】
※ 100人の妊娠報告を分析調査 – スローライフ

【関連記事】
女性の老化を促進する「クーラー病」から凍える体を守る対策10個
ゾッとする…!みるみる体の老化が進行する「クーラー病」の恐怖
冷え地獄には自己防衛を!夏でも「カイロと腹巻」が有効なワケ
女性の4人に1人は胃痛持ち!? 胃がどんどん悪くなるヤバイNG習慣
スッキリと若々しさを同時に叶える!? 誰でも続けられるお手軽美容法

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1「若作りしすぎ!」アラサーが注意したい地雷ファッションとは?写真11 4月25日21時00分
  2. 2美容師がイラつく女性客6種。ドライヤーで乾かさない人はニオう!写真46 4月26日09時03分
  3. 3あえて素直に照れる!?男性からの「かわいいね」に好印象な返答写真16 4月26日11時22分
  4. 4メールはあり? 妊娠時に上司へ報告する時期とタイミングと注意点写真2 4月26日17時00分
  5. 5もしかしてお金目的?年下男子の遊びと本気を見分ける5つの方法3 4月26日21時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る