日刊アメーバニュース

May J.、「音楽以外に興味がない」と語るも小堺一機の「男性は?」に赤面

2014年08月20日 16時47分
提供:マイナビニュース

歌手のMay J.が、20日に放送されたフジテレビ系のトーク番組『ライオンのごきげんよう』(毎週月~金13:00~13:30)で、音楽に対して自身のストイックな一面を語る一方、同番組司会の小堺一機からの質問にタジタジになる場面があった。

大ヒット映画『アナと雪の女王』の主題歌「Let It Go~ありのままで~」でブレイク中のMay J.。「いい加減にしてほしいこと」として「音楽以外のことに全く興味がない私」を挙げ、「3歳のころから歌手になりたいという夢を持っていたのでその頃から学校が終わったらすぐにピアノ、オペラ、ダンスや歌のレッスンをほとんど毎日やっていた」と幼少期を振り返った。

音楽に浸っていることが何よりの喜びで、幼い頃から「遊ばなくてもいい」というタイプ。休みがあっても、喉を守るために外出しないなど音楽に対してとにかくストイックなのだという。今年も「夏らしいことを全然してない」そうで、「趣味が音楽だったので、それがそのままお仕事になってしまった」と語っていた。

今年6月、写真週刊誌『フライデー』(講談社)でモデルの尚玄との熱愛が報じられたMay J.。「音楽以外に興味がない」というMay J.に対し、司会の小堺一機が「全くないの? 男性にも?」と突っ込むと、「恥ずかしくなっちゃう…」と笑ってごまかしながら赤面。幼少期のエピソードの後、小堺が「で、男性はどんなタイプが?」と再び話題を戻すと、笑顔を見せながら苦し紛れにこの日ゲスト出演していたブラザー・トムを指名していた。

番組の最後に最新シングル「本当の恋」(9月10日発売)を告知すると、ここでも小堺は「ほら! ほら!」と声を挙げ、ゲストの遼河はるひとブラザー・トムの2人も加わり3人でMay J.をいじり倒した。そして、小堺の「これからも本当の恋を待っているわけですね」に、観念したようにうつむきながら「がんばります」。照れ笑いを浮かべるMay J.に、小堺は「私いじめてるみたいですね」とうれしそうだった。

【関連記事】
『アナ雪』「なぜエンドソングはMay J.が歌ってるの?」の声に本人ショック
神田沙也加を救った、テリー伊藤の"2度"の言葉「もう七光りじゃない」
神田沙也加、天才型の母との違いに絶望した過去「私は訓練し努力しないと」
神田沙也加、芸名を4回変えた過去「SAYAKA」「Lily」「上原純」
May J.が語る、「Let It Go」の劇中歌と主題歌で歌詞が異なる理由

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1高橋一生、初のヌードグラビアに激震「声出た」「これぞプレミアムフライデー」写真14 2月24日13時27分
  2. 2村主章枝が初写真集! 幻想的な裸身を披露し「こんなに話題になるなんて」写真11 2月24日08時45分
  3. 3萌え袖好きの高橋一生が、歴代彼女にしてきたこととは?写真3 2月25日14時51分
  4. 4市川海老蔵、自宅が観光地化で引っ越し検討「麻央のことが一番なので」写真20 2月24日14時27分
  5. 5高橋一生、キスからベッドシーンまで…初ヌードグラビアで大人の官能たっぷり<撮影エピソード>写真14 2月24日11時22分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る