日刊アメーバニュース

会社を辞めて世界旅行。夢の代償は「40代・日雇い」という現実だった

2014年07月23日 09時13分
提供:女子SPA!



 やっと景気が良くなってきたとはいえ、私たちの給料もどんどん上がるかというと……そう話は簡単ではない。特に、男性の給料はこの15年ダダ下がり中で、いまや男性の4人に1人が年収300万円以下。そこで、年収200万円台の40代男性に、その実情を取材してみた。

◆最初の会社を辞めなければよかった?

●中田正行さん(仮名・47歳・年収250万円)のケース

(立体駐車場のクレーンのメンテナンス業・独身・神奈川県在住)

「オーストラリアの広大な大陸を、大好きなバイクに乗って走ってみたい!」という夢を、当時勤めていた会社を辞めてまで実現させたのが、現在、立体駐車場のクレーンのメンテナンス業務に携わる中田正行さんだ。

 中田さんは大学卒業後に、日立製作所の系列企業に就職。20代半ばで、「年収は400万円を超えていた」と言う。

「お金を貯めて、27歳で会社を退職した後、2年かけてオーストラリア、ニュージーランド、ネパール、インド、マレーシア、タイを旅しました。楽しかったなぁ」

 だが、夢を実現させ、海外旅行を満喫した彼を待っていたのは、想像以上に厳しい現実だった。

「ハローワークに通って、面接を数社受けたんですが、『またすぐ辞めるんじゃないの?』って言われちゃって。当時からすでに、就職するのは厳しかったです」

 その後、会計事務所に正社員として就職するも、実際に担当させられたのは不慣れなコンピュータのセールスだった。結局、営業の成績が伸びず、1年で肩を叩かれた中田さんは、人材バンクに登録し、とある博物館で働き始める。

「募集していた人材がある程度英語がしゃべれて、見聞がある人だったんです。それで採用されたんですが、上司との相性もよくて。巡り合わせの運でしたね」

 博物館で働いていたときの年収は400万円ほど。これで安泰かと思いきや、新たな不運が襲う。

「博物館を7、8年ほど勤めた後、経営不振で転職を余儀なくされて。紹介された行政機関で働いて、40歳を過ぎたあたりから、日雇い労働者になりました」

 現在の会社に日雇いで雇われ、正社員になったが、勤続5年で年収は200万円台のまま。正直、夢を叶えて後悔していませんか?

「お金のことだけ考えると、最初の会社を辞めないほうがよかったと思いますね。ただ、夢がくすぶったまま人生を終わらせるよりは今のほうがいいですし、ほかの人とは違った体験をできましたから」

 会社を辞めていかに良い体験をしても、企業には”キャリアの分断”としか見られない――世知辛いけれど、それが現実なのだ。でも一方で、夢をあきらめて勤め続けたとしてもリストラされていた可能性だってあり、どちらがよかったのは誰にもわからない。

― 40代[年収200万円台時代]の衝撃【5】 ―

<PHOTO/Galyna Andrushko>



【関連記事】
夫の年収280万円で子供3人。「妻の実家に援助を頼むしか…」
12年勤めて月収21万円。正社員なのに時給はバイト以下!?
パチンコ、サギ被害…数百万円がパーになった夫婦の不運
共働きの小遣い事情は?夫5万、妻20万の驚愕例も
キケン!「結婚しても貯金できない男」の特徴

この記事のコメント

12件を表示 / 2件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1男子のホンネ炸裂!元カノと別れた「本当の理由」はコレです3つ写真19 8月24日20時30分
  2. 2妻を女として見れなくなった瞬間11 「トイレで……」「裸で●●する」写真22 8月24日19時01分
  3. 3やってよかった!「白髪予防」みんなが効果アリと感じたケアTOP3写真5 8月24日17時00分
  4. 4夫を「帰宅拒否症」にさせる妻の特徴4つ写真22 8月24日13時01分
  5. 5気持ちが萎える!? 男性が「付き合いたくない」と思う女性のスタイル3選写真29 8月24日20時01分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る