日刊アメーバニュース

官邸圧力問題でクローズアップされた国谷裕子キャスター(57)のスゴさとは?

2014年07月11日 12時03分
提供:AOLニュース


7月11日発売の写真週刊誌「フライデー」で、「国谷キャスターは涙した 安倍官邸がNHKを"土下座"させた一部始終」として報じられるや、瞬く間に世間を騒がせた官邸サイドからの圧力(恫喝)問題。


これは7月3日放送のNHK「クローズアップ現代」に菅義偉官房長官が出演した際、同番組の進行を務める国谷裕子キャスター(57)が、「他国の戦争に巻き込まれるのではないか」「憲法の解釈を変えていいのか」などと質問したことを受け、官邸側が激怒したというもの。

これを受けネット上では、恫喝まがいの圧力をかけ、「NHK会長以下、制作スタッフ、国谷キャスターが"土下座謝罪"をするはめになった」「国谷アナが号泣謝罪した」といった話が一気に拡散中だ。そんな中、世間の注目を集め、キーワード注目度急上昇中なのが、国谷キャスターである。

これまで彼女は「日本記者クラブ賞」や「菊池寛賞」をはじめ、キャスターでありながらも、多くの賞を獲得している"番組の顔"。それだけにキャスターとしての評価は抜群で、"同業"である梶原しげるは、以前、自身のコラム記事中にこんなことを書いている。

「『クローズアップ現代』のキャスター国谷裕子さんが、ゲストに向かって絶対に口にしない言葉があることをご存知だろうか? それは『よろしく御願いします』だ」。

「国谷さんの『よろしく御願いします、なんて常套句、口が裂けても言うもんですか!』という姿勢、カッコいいよねえ、と仲間と食事をしながら話しをした」。

...と、どんな大物ゲストを前にしても一歩も引かずに、司会の常套句ですら使わず本題へと切り込んでいく、彼女の気骨あるスタンスを絶賛。

無論、現時点において、今回の騒動に関する真相は謎であるが、少なくともこれを機に、国谷キャスターが"クローズアップ"され、そのスゴさに改めて世間の関心が集まることだけは間違いなさそうだ。

多くのファンのためにも、今回の騒動に怯むことなく、同番組が制作され続けることを、一視聴者として願う。

文・猪俣進次郎

【参照リンク】
・NHK「クローズアップ現代」
http://www.nhk.or.jp/gendai/ 

【関連記事】
抱腹絶倒の神チャウ・シンチー6年ぶり待望の監督最新作は「西遊記」! 11月日本上陸
国連ウィメンの親善大使に就任したエマ・ワトソンの破壊力w
メレンゲ、柴門ふみ原作ドラマ主題歌のPVを歌詞付きで初公開!
【W杯】17歳サポーターの写真が可愛すぎてネットで大拡散→モデル契約へ
超絶大ヒット中『her 世界でひとつの彼女』、カレン・Oの音楽がスゴい!

この記事のコメント

111件を表示 / 11件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

国内アクセスランキング

  1. 1血の臭い充満、倒れる入所者=殺傷事件の障害者施設-現場到着の消防士写真25 7月26日20時29分
  2. 2「突然、差別するようになった」=襲撃施設園長、知事と面会-相模原事件写真1 7月26日17時11分
  3. 3キャラ出現しないよう要請=ポケモンGOで鉄道事業者19 7月26日19時10分
  4. 4祖父の首絞め死なす=中3少女逮捕、「仲悪く」-群馬県警12 7月26日20時22分
  5. 5鳥越俊太郎氏の女子大生淫行疑惑…被害女性が13年前に「週刊新潮」に語っていた写真13 7月27日18時01分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る