日刊アメーバニュース

バナナの皮も捨てないで!捨てていた果物や野菜の皮や種、実は栄養豊富なの

2014年06月29日 20時19分
提供:マイナビウーマン

いつも当然のように捨てていたバナナの皮、実は栄養豊富だということをご存知でしたか?バナナだけでなく、レモンやオレンジの皮なども、抗酸化物質がたっぷり!今まで捨てていたのがもったいない、果物や野菜の部位の栄養や、美味しい食べ方を紹介します!

◎バナナの皮
幸福感やストレス解消に働く脳内の神経伝達物質セラトニンの生成を促すほか、目を紫外線から守る抗酸化物質のルテインも豊富!

食べ方:ピューレにして色々なものにイン!先端の硬い部分と底の黒い部分を取り除き、数日間水につけます(毎日水を替えましょう)。水がにごらなくなったら煮込んでピューレに!

◎メロンの種
カルシウムなどのミネラルや繊維を含み、心臓の健康維持に役立つ一価不飽和脂肪を含んでいます。
食べ方:ざるなどに入れてよく洗い、炒るか、少量の油をかけてオーブンで焼いてみましょう。焼き色が付いたら塩をかけて。そのままスナックにしても、サラダにかけても良し!

◎たまねぎの皮
これも?と疑いたくなる薄茶色の皮、実は驚くほど多くの抗酸化物質を含んでいます。ある調査では、血圧を下げ、動脈硬化のリスクを低下させるとの結果も。
食べ方:スープス作りのときに一緒に入れて(食べる前に取り除きましょう)、風味や色付けに。フラボノイドの一種ケルセチンは水溶性のため、スープにしてもちゃんと栄養が取れます。

◎メロンの皮と未の間の白い部分
アミノ酸の一種シトルリンは、血管の拡張や血流促進効果があり、デトックス作用もあります!
食べ方:硬い皮の部分を取り除き、実と一緒にブレンダーへ。ライムを搾りいれれば美味しいスムージーに!

◎レモンやオレンジの皮
繊維豊富で、実よりもはるかに多い抗酸化物質を含んでいます。ある調査では、オレンジの皮に含まれるスーパーフラボノイド抗酸化物質(コレステロールを大幅に下げる効果が)が果汁のなんと20倍も強力だということが明らかに!
食べ方:もともと柑橘系の皮はお菓子や料理にも使われていますが、そのまま凍らせて飲み物に入れれば、1クラス上のドリンクに!

◎しょうがの皮
しょうがには実だけでなく皮にもジンゲロールと呼ばれる強力な消炎作用を持つ成分があります。関節炎患者が摂取したときには痛みの緩和作用があります。
食べ方:スープに入れて風味付けにするほか(食べる前に除きましょう)、キウイやバナナ、少量のほうれん草とともにジューサーに入れて美味しいジュースにも!そのままお湯で茹でるだけでも美味しいジンジャーティーに!

◎パイナップルの芯
皮はつらいとげに覆われているものの、芯はビタミンC豊富で食べるべき!ブロメラインという酵素を多く含み、食べ物の消化を促進します。消炎作用があるとの調査結果も。
食べ方:薄くスライスしたらオーブンに入れて一番弱い設定で4時間ほど乾燥させましょう。その後はいったん裏返し、さらにもう一時間オーブンで。ヘルシーなスナックとして、デザートの飾りつけにも。

Don’t bin banana skins – eat them for pudding! The healthiest bits of fruit and veg are often thrown out. Chef Aldo Zilli reveals how they can be tasty treats
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2661733/Dont-bin-banana-skins-eat-pudding-The-healthiest-bits-fruit-veg-thrown-Chef-Aldo-Zilli-reveals-tasty-treats.html

関連リンク
捨てちゃうのはもったいない!「バナナの皮」の意外な活用法4つ
朝食だけじゃもったいない!栄養満点シリアルを使った夕食レシピ
LED照明で育てた野菜のほうが、栄養豊富だって知ってた?

コラムアクセスランキング

  1. 1結婚する前に知っておきたい!離婚前の夫婦に起こる5つの兆候写真 6月26日21時00分
  2. 2海老蔵、麻央さん思い出し「しっかりしろ!」と鼓舞 読者からは心配の声も…写真 6月26日15時00分
  3. 3勤め先は不妊治療専門のクリニック。周囲に妊活中だと宣言しすぎた私の後悔写真 6月26日21時15分
  4. 4マツコ・デラックス「良妻賢母のほうが浮気する」発言 その理由に視聴者納得写真 6月27日07時30分
  5. 5周りの迷惑!飲食店で「好き嫌いが激しい女性がした」最悪行動写真 6月27日09時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る