日刊アメーバニュース

トム・クルーズ最新作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』世界規模で超絶大ヒットの兆し

2014年06月06日 18時00分
提供:AOLニュース


日本では7月4日に公開となる、トム・クルーズ主演最新作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』。桜坂洋のSFライトノベル「All You Need Is Kill」の実写化ということでも話題だが、なんとお隣・韓国で爆発的大ヒットを記録しているという。


韓国では6月4日に封切られたばかりだが、380万ドル(約3億8,000万円)と絶好調な滑り出し。これは韓国で公開された歴代トム映画でNo1のオープニング成績、さらには、同じく韓国公開の歴代ハリウッド映画の中では第4位という誇らしい結果。世界的にシリーズ最大のヒットとなったトム主演『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』を超えたことからも、そのオバケヒットぶりがわかる。

配給のワーナー・ブラザース映画によると、これはこれまでアジアで公開されたワーナー作品の中でもNo1オープニング記録になるそう。ちなみに世界的には既に20ヵ国以上で公開されているが、6月5日の段階で3,300万ドル(約33億円)の興行収入を上げ、その額は増え続けている。今週末にはアメリカをはじめ、中国、ロシア、メキシコ、オーストラリアなどのビッグマーケットを含めた30ヵ国以上で新たに封切られるので、ますますのヒットに期待がかかるところだ。

とにかく記録尽くめの『オール・ユー・ニード・イズ・キル』。トムはこの作品のプロモーションのため、6月26、27日に20回目の来日を果たし、1日で3都市(東京、福岡、大阪)をまわる壮絶スケジュールを敢行予定だ。



『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は7月4日(金)全国ロードショー

(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BMI)LIMITED

【参照リンク】
・『オール・ユー・ニード・イズ・キル』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow/ 

【関連記事】
日本人が作った、世界最薄のハムスター
世界よ、これが広島・達川光男のデッドボール詐欺だ
泣ける位にいい奴が無邪気に世界を変える。タイ保険会社のバイラル動画
【閲覧注意】世界で一番怖いバッター
ブラッド・ピットから学ぶ世界最高のスーパープレゼンテーション術

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

国内アクセスランキング

  1. 1心神喪失で母親不起訴=子ども4遺体事件-福岡地検8 1月16日18時18分
  2. 2操作ミス、死亡事故率2倍=75歳以上ドライバー-夜間・密集地少なく・警察庁分析6 1月16日16時20分
  3. 3インフル34人集団感染=80歳男性が死亡-静岡1 1月16日17時35分
  4. 4元名大生側、無罪主張=女性殺害、同級生らにタリウム-責任能力が争点・名古屋地裁写真19 1月16日12時39分
  5. 5不正行為12件、12年間で最多=スマホ使用など-センター試験24 1月15日20時12分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る