日刊アメーバニュース

社会人が陥りやすい「六月病」。どうすれば防げる?

2014年06月06日 06時15分
提供:マイナビウーマン

春先に「なんとなくやる気が出ない」「気力がわかない」といった症状は“五月病”としてよく知られています。でも、最近では新人研修や異動が一段落するこの時期によく見られることから「六月病」とも呼ばれ、話題になっています。なぜ、社会人は6月に気持ちが沈んだ状態に陥りやすいのでしょうか。J戸越銀座クリニック院長の小林城治先生に聞きました。

■期待と現実のギャップが「やる気レス」のひきがねに

「新卒者をはじめとする若手社員の場合は『仕事内容が考えていたものとちがう』『上司の指導が厳しくて耐えられない』など就職先への期待と現実とのギャップが原因になることが多いようです。一方、中堅社員の人は、ある程度仕事ができていたのに、新しい部署での仕事内容や人間関係で適応できないケースが多く見られます」(小林先生)

ただし、「五月病」や「六月病」は正式な病名ではなく、明確な定義もないそう。

「医学的に考えると、環境の変化についていけないことで起きる『適応障害』の一種と考えられます。適応障害は5月や6月だけではなく、夏休みを終えた9月や秋の異動を終えた10月頃に発症することもあるなど、季節を問いません」(小林先生)

適応障害のチェックポイントはうつ病と共通しています。五月病や六月病だと思っていたら、実は「うつ病」だったという可能性もあるとか。

「適応障害の場合、通常は特定のストレスが原因になっているため、そのストレスが解消されれば、自然とよくなります。また、多少、気分が落ち込んだり、気力がわかなかったとしても仕事に支障がでていないようであれば、しばらく様子見で構いません。一方、会社を休みがちになったら要注意。自己判断せず、早めに医師に相談しましょう」(小林先生)


■六月病の同僚や後輩に叱咤激励は禁物!


おかしいなと感じたら、できるだけは早く病院に行くことが大切だとか。では、一緒に働いている同僚や後輩の様子がおかしいと感じたら、どうすればいいのでしょうか。

「欠勤が目立ったり、口数が減ったり、昼食をひとりで食べたりすることが目につくようなら、要注意です。不安や抑うつが強いときは、孤独感に襲われているので、積極的に声をかけ、一緒に解決策を考える姿勢を示すことが大切です。ただし、『がんばれ』などと叱咤激励するのは禁物です。エネルギーが枯渇しようとしている人をがんばらせようとすると、その励ます行為自体がストレスになると肝に銘じましょう」(小林先生)

六月病を予防するためには、日頃のストレスマネジメントが欠かせません。

「良質な睡眠と、きちんとした食事習慣がメンタルヘルスに与える影響は想像以上に大きいものです。できるだけエスカレーターではなく、階段を使うなど、適度な運動を心がけることも大切。ヨガで心身ともにリラックスしたり、アロマテラピーで好きな香りをたいて心を落ち着かせるといったこともストレス解消に役立ちます」(小林先生)

(ミノシマタカコ+ガールズ健康ラボ)

関連リンク
近年増加する、うつやイライラで悩む女性。もしかしたらPMDD(月経前不快気分障害)かも!?
五月病になったら周囲に望む対応1位「そっとしておいてほしい」42.2%
大声で吐き出す!? 「五月病」で無気力状態に陥ったときの対処法

この記事のコメント

120件を表示 / 23件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1あら不思議! 6つの習慣で無理なく「貯め財布」になる写真10 3月22日11時30分
  2. 27位は綾瀬はるかのギザオン眉「一般人がマネると危険な髪形」1位は写真20 3月22日10時20分
  3. 3「不倫をしてはいけない本当の理由」を徹底解説!!写真56 3月21日21時00分
  4. 4あなたの夫はどっち?「出世する夫と出世しない夫」の特徴6つ写真13 3月22日07時00分
  5. 5無印良品の蓋つきBOXを活用!洗濯物干しグッズ収納術写真4 3月22日20時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る