日刊アメーバニュース

恋の大逆転が起きる!意中の彼から告白される驚きの方法

2014年04月20日 19時00分
提供:Gow!Magazine

今、世の中の女性たちの間で、恋愛を成就させる【占いの母】が流行っているのは知っていますか? 何やら、すごい確率で両思いになれるようなんです。実際にやってみた人に、レポートしてみました。
■恋に悩んだときの解決法


クリックで詳細ページに
私は自分に自信がなく、以前から考えが後ろ向きでした。なので、恋愛に関しても縁がなく、さみしい日々を過ごしていました。

恋愛相談をする時は、いつも中学時代の親友に電話で話を聞いてもらうのですが、そんな親友が「これスゴいらしいよ」って教えてくれたのが、【占いの母】でした。

あまり占いとか信じるタイプでもないので、最初は正直半信半疑だったのですが、友人の強い勧めに負けてメールをしてみました。すると、まだ何も話していないのに、「もっと積極的に恋していきなさい。それが今のあなたに大事ですよ」と返信が。

いつしか私は、心から「男性のことに関してはポジティブにいこう!」という風に考え方を変えることができ、男性と接触できる機会を多くもつよう努力していたら、以前から気になっていた同じ職場の彼から食事に誘われたんです!

私はこの恋を絶対に成功させたくて、デート前夜にまた、【占いの母】で再度心の準備をして、迎えたデート当日。彼と一日を過ごし、別れ際に彼から「もう少し一緒にいたい」と言われ、次の休みに会う約束をしたんです!

それだけでかなり有頂天でしたが、先日のデート帰りの車の中で、彼の方から「付き合いたい」と言われたんですよ!!

彼も同じ職場であることを気にしていたようですが、「もう黙っていられない」って! こんなことが起こるなんて信じられないですが、めでたく大好きな彼と交際できることになりました。今、超ラブラブなんです♪
■10年間の片思いを救ったのはメールでした

私には10年間思い続けている男性がいます。結局一度も思いを告げることが無いまま、10年が過ぎていました。

そろそろ結婚も考え始める年齢で「気持ちを切り替えたい!」と婚活を始めた私。しかし新しい出会いがある度に、例の彼と比べている私に、友人が見かねて、【占いの母】というメール占いを紹介してくれました。

最初は正直、半信半疑だったのですが、届いたメールが「恋はタイミングです。明日が勝負よ」でした。

何が明日なんだろう、って寝るまで考えていましたが、このままの気持ちを続けるくらいなら、と次の日の朝、彼の家に向かっている自分がいました。すると丁度彼の家の近所で彼とばったり会ったんです。

何故か向こうがめちゃくちゃ驚いた顔をしていたのですが、会うなり、「ちょ、ちょっと時間ある?」と言われたんです。

それから後から知ったのですが、彼もずっと私のことを思っていてくれていたそうです。思いを伝えるかずっと悩んでた矢先に目の前に私が現れて、彼も運命なんじゃないかって思ったそうです(笑)。

メール占いで言われた通り、「恋はタイミング」でした。1度しかないあの瞬間を見逃していたら、私は後悔してもしきれなかったでしょう。
時間がないときでも細かい相談ができる!

こんな2つの体験談をお届けしました。いかがでしたでしょうか。【占いの母】は、誰にも知られずに占ってもらえ、メールなので顔を合わせなくても済みます。相談したいときにすぐに連絡できるし、メールで届いた鑑定結果を読み返すことも可能。メールをおくるだけなので、時間がない人でも安心して利用できます。女性には必見のようですよ。みなさんも一度試してみてはいかがでしょうか?


【関連リンク】
メールで占う【占いの母】初回無料キャンペーンはこちらWritten by Gow! Magazine編集部/PR記事
Photo by Tric Chen (改変 gatag.net)

【関連記事】
片思いで悩んでる人必見!恋愛を成就させるマル秘テク
信頼していた恋人の浮気が発覚…あなたならどう対処する?
へっぽこでも負けない! アラサー女子・未来の切り開き方
中高生みたいな恋愛?運命の赤い糸を感じる劇的な出会いパターン

コラムアクセスランキング

  1. 1今から秋までフル活用! 高コスパな「ユニクロの旬ワンピ」写真 8月18日10時01分
  2. 2IKEAでムダに棚を買って…月収50万でも毎月赤字のダメな特徴写真 8月18日08時47分
  3. 340代50代で離婚した女性の老後資金を貯める方法写真 8月18日18時00分
  4. 4お金が遠ざかる人がやっている「お金持ちになれない」3つの習慣写真 8月17日15時00分
  5. 5浮きブラ、ブラ紐……。「夏の下着問題」を解決する優秀ユニクロ下着5選写真 8月17日17時48分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る