日刊アメーバニュース

すぐに消える人、儲け続けられる人の違い

2014年04月19日 15時00分
提供:新刊JP

 働いていると分かりますが、年収や月収は意外と上がりません。年収1000万円、月収100万円などといった世界はなかなか手の届かないところにあるものです。

 しかし、そんな中でも若い年齢ながらお金を稼いでいる人もいます。関根義光さんは、大学進学後にインターネットビジネスをはじめ、パソコン一台で起業。2013年5月、22歳のときに月収3182万円を稼いだそう。
 関根さんは著書『年収1億円完全マニュアル』(宝島社/刊)で自身が成功できた理由を余すところなく明かしていますが、今回は、若き成功者である関根さんに生い立ちからお金に対する意識、人生の転機、ネットビジネスの最先端まで幅広くお話をうかがいました。今回は後編です。
(新刊JP編集部)

■すぐに消える人、儲け続けられる人の違い

―関根さんは22歳のときに月収3182万円を稼ぎ出したそうですが、若いうちからそんなにお金を稼いでしまって、感情が高ぶったりしなかったのですか?

関根:特になかったです。全て計算をしてやっていたので、この月に月収が3000万円を超えるということは分かっていましたから。

―稼いだお金はどのように使っているのですか?

関根:私の場合、アフィリエイトが趣味のようになっているので、次のビジネスの先行投資に使っています。物欲もあまりないですから。高い時計も買ったことがないんですよ(笑)

―儲かり始めると服装や食べ物など、生活が変わる人もいますよね。

関根:私の場合は、もともと読書が好きで、成功者の本をたくさん読んでいたということもあって、冷静にいられたのだと思います。ネットビジネスの世界でもすぐに散財してしまう人もいるんですが、実はそういう人から消えていくという話を聞いたことがあります。
また、自分が稼げたのは運か、それとも実力か把握できない人もすぐに消えてしまいます。ネットビジネスはまだ新しいので、ビギナーズラック的に稼げてしまうときもあるのですが、それを実力と勘違いしてしまう人もいますね。

―関根さんの中で、「これは稼げる、これは稼げない」というビジネスをどう嗅ぎ分けているのですか?

関根:これは私の中に原則がありまして、実業家の堀江貴文さんが「儲かるビジネス4原則」というのを広めているのを知っていますか? 「初期費用の少ないビジネス」「在庫リスクのないビジネス」「利益率の高いビジネス」「継続課金のできるビジネス」です。
私はこの原則に1つ、「需要のあるビジネス」という項目を加え、5原則に当てはまるかどうかで判断します。これは非常に参考になると思います。

―インターネットビジネスの存在を知らずに毎日汗水垂らして働いているサラリーマンの方をどう思いますか?

関根:汗水垂らして稼いでる奴はハッキリ言うと全員バカだと思います。額に汗をかくのではなく、脳みそに汗をかいた方が良い。「首から下で稼げるのは1日数ドルだが、 首から上を働かせれば無限の富を生み出せる」っていうエジソンの有名な言葉がありますがまさにその通りです。

―本書では堀江さんに強く影響受けている様子がうかがえます。

関根:とても参考になりますね。堀江さんクラスの経営者のアドバイスはとても貴重ですから。著書も全冊読んでいます。

―最も影響を受けた本は何ですか?

関根:『君がオヤジになる前に』ですね。この本は、僕が最初読んだ堀江さんの本でもあります。大学1年生のときだったのですが、衝撃的でした。自分と考え方が近くて、思っていたことを堀江さんが言葉にしてくださっていて。それから堀江さんの本を読み続けていきました。

―元は一人で始められたビジネスも、今は会社を設立してやっていらっしゃるんですよね。

関根:はい。これはプロダクトローンチというビジネスを始めたいと思って、組織化しました。

―「プロダクトローンチ」とはどんなビジネスなのですか?

関根:簡単に説明すると、インターネットを使って売上を最大化する、人間の心理学を使ったマーケティング手法です。
具体的には、アフィリエイターの方、先ほどのオプトインアフィリエイトをされている方のことですが、そういう方々にたくさん紹介いただいて、登録されたメールアドレスにメールマガジンや動画などを配信します。そして、塾やセミナー、コンサルサービスなど比較的高額な商品を売るというビジネスですね。私の会社は、このプロダクトローンチをメイン事業にしています。

―高額のセミナーに通う方々ってどのような人たちが多いのですか?

関根:そうですね…。勉強意欲が高い人が多いイメージがあります。年収が高いとか、そういった要素は少ないです。主婦の方もいらっしゃいますし。昔の自分のような人もきますよ(笑)貧乏で、でも野心があるというか。気になりますよね。

―私の印象では、この2〜3年間でいわゆる関根さんがおっしゃるようなインターネットビジネスをよく目にするようになったと思います。関根さんが初めてネットビジネスに参入してから変わった印象はありますか?

関根:参入者も顧客も爆発的に増えたと思います。やはり、与沢翼さんが登場して、テレビや書籍などであれだけメディアに出たことは非常にインパクトがありました。アフィリエイトのマーケットが一気に広がったように感じています。

―では『年収1億円完全マニュアル』をどのような方に読んで欲しいとお考えですか?

関根:ビジネス初心者、ビジネスに挫折してしまった人ですね。副業でもいいですし、自分で起業したけど失敗してしまった人でも。ステップアップしたい方に読んで欲しいです。

―まだ23歳の関根さんですが、今後、どのような人間になっていきたいですか?

関根:かつての自分のような人を変えられるような人間になりたいです。お金もないし、ビジネスもしたことない。どうやって生きていったらいいのか分からないという人ですね。自分もすごく苦しかったので、そういった人たちに勇気を与えられるような人間になれればいいなと思います。

(了)

【関連リンク】
元記事はこちら
22歳で月収3000万円を手にした男の圧倒的な稼ぎ方(インタビュー前編)
月3000万円稼ぐ23歳社長の衝撃の仕事術
30代でお金を失う人の特徴
お金が貯まらない人にありがちな性格

この記事のコメント

12件を表示 / 2件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1あら不思議! 6つの習慣で無理なく「貯め財布」になる写真12 3月22日11時30分
  2. 27位は綾瀬はるかのギザオン眉「一般人がマネると危険な髪形」1位は写真21 3月22日10時20分
  3. 3「不倫をしてはいけない本当の理由」を徹底解説!!写真58 3月21日21時00分
  4. 4あなたの夫はどっち?「出世する夫と出世しない夫」の特徴6つ写真14 3月22日07時00分
  5. 5無印良品の蓋つきBOXを活用!洗濯物干しグッズ収納術写真4 3月22日20時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る