日刊アメーバニュース

小腹がすいたらコレ!「我慢しなくていい」太らないおやつ10選

2014年03月19日 12時00分
提供:美レンジャー

甘くて油もたっぷりな間食は、つい手を伸ばしたくなりますが、それらはダイエットや健康にとって敵! でも、どうしても我慢できないという時もありますよね。
ここでは、ボディメイキングアドバイザー・森弘子さんの著書『8秒美ボディメイキングくびれ&上げ』から、間食するならこれにしたいという食品をご紹介します。ポイントは脂質と糖質。あくまでも食事の一貫として考えることが大事ですよ。
 
■1:全粒粉パン・ベーグル・バゲット
血糖値が急上昇しない全粒粉を使ったパンがオススメ。 
 
■2:焼き芋
食物繊維が豊富で、少量でも食べ応えあるさつまいもは優秀なおやつです。
 
■3:バナナ
栄養豊富なバナナは、食べるとすぐに活動のエネルギーになる食材と言われます。
 
■4:せんべい
昔ながらの醤油せんべいは脂質が低く、ヘルシー。揚げてあるものはNGです。 
 
■5:魚肉ソーセージ・チーズ入りかまぼこ
コンビニエンスストアでも買える非常食として役に立ちます。 
 
■6:無塩無糖ミックスナッツ
無塩無糖でローストしただけのミックスナッツは、カロリーもほどほどで栄養価が高い食品。 
 
■7:ビターチョコレート
カカオの含有量が高いチョコレートは、ポリフェノールなど抗酸化物質が豊富です。 
 
■8:枝豆
たんぱく質が豊富な大豆は積極的に摂りたい食品。 
 
■9:無糖ドライフルーツ
ドライフルーツを選ぶ時は、糖分を加えていないものをチョイス。食べ過ぎないように注意しましょう。 
 
■10:ヨーグルト
ヨーグルトは無糖のものを選びます。ドライフルーツと合わせれば、朝食代わりになる食材です。
 
森さんいわく、「マーガリンなどに多く含まれるトランス脂肪酸や精白された糖質を避けて、たんぱく質やオメガ3、オメガ6などの良質な脂質、ビタミン、ミネラルが豊富なものを選びましょう」とのこと。 
体にプラスになるものを選んで、ダイエットのサポートにするのが正しいおやつ。ただ小腹を満たすだけでなく、不足しがちな栄養を摂るということを考えて選べば間違いありません。
 
【関連記事】
※ 超意外!体重がみるみる減るフルーツの「正しい食べ方」教えます
※ ゼロカロリー食品はNG!ダイエットがうまくいく「太らない食材」
※ 驚くほどおいしいと評判!愛知の「無添加ソーセージ」のこだわり
※ あらゆる不調がスッと楽に!5分でできる超簡単ストレッチ
※ 意外と飲みがちだけど危険!管理栄養士が絶対飲まないNGドリンク
 
【参考】
※ 森弘子 (2013) 『8秒美ボディメイキングくびれ&上げ』 (主婦の友社)

【関連記事】
驚くほどおいしいと評判!愛知の「無添加ソーセージ」のこだわり
安全なのはどれ?添加物まみれになりがちな「菓子パン」の選び方
あの「身近な調味料」を使って彼を振り向かせるスペシャルな方法
超意外な事実!「間食の摂り過ぎ」は後の満足度が低いことが判明
バナナとミントを常備したくなる!意外で効果的な花粉症対策

この記事のコメント

13件を表示 / 3件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1「親のフルネームを検索して黒歴史を掘り起こす」小学生の怖すぎる遊び写真46 9月20日17時30分
  2. 2夫に「大切にされる妻」に共通すること6つ写真3 9月24日11時50分
  3. 3アラフォー女性に警鐘!「脳の老化」を10年も早める体の特徴とは写真6 9月24日21時00分
  4. 41分でわかる「お風呂のカビの落とし方」写真1 9月23日19時57分
  5. 5こういう子、いいっ! 男性が思う、「性格がかわいい女」の特徴6つ写真1 9月24日16時05分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る