日刊アメーバニュース

あまりに日本と違いすぎてビックリ!衝撃的なアメリカの車事情

2014年02月27日 08時00分
提供:It Mama


日本の都会では、車より電車をよく利用しますよね。もちろん、車があるとおでかけの幅が広がりますが、あまり乗らないならレンタカーの方が安くて便利!
一方、アメリカは車社会です。子どものお迎えや買い物も、車がないととても不便! どこに行くのも車が当たり前なので、当然、日本ではありえないような車事情がたくさんあります。
その中でも、とくに日本との違いに驚くようなものがあるので、以下から厳選5つをご紹介します。

■1:早いところでは14歳から運転できる
日本では、18歳から車の運転が免許を取得できますよね。
しかし、アメリカでは最年少で14歳から免許の取得が可能! 州によっては15、16歳からですが、中学生が車を運転できるなんて、ありえないですよね。
さらに驚くべきことに、アメリカでは高校によっては免許を取得するためのクラスがあり、授業で運転の仕方を習えてしまうのです……。
ただ、共働きで忙しい家庭だと、高校生の子どもが車で登校したり兄弟を送り迎えしてくれると助かりますよね。

■2:ナンバープレートなしでも走れる
アメリカでは車を購入したら、ナンバープレートをオーダーしないといけません。けれどもこのナンバープレート、取得するまで約6週間くらいかかります。
その間、なんとナンバープレートなしでも走れるのです! よって、信号無視違反の取り締まり機に写真を撮られてもチケットを切られることはなく、罰金を払わずに済んでしまいます。
あまりに日本と違いすぎてビックリ!衝撃的なアメリカの車事情
また、州によってナンバープレートのデザインが違います。
筆者の在むカルフォルニア州では、数種類のナンバープレートがあり、追加料金を払えば普通の白いカリフォルニアと書かれたナンバープレートでなく、ヤシの木やビーチの絵が描かれたものに変更可能。
また、追加料金を払えばハートや星などの絵文字、文字、数字もOK。ただし、希望に沿ったものにならない場合もあります。ハートや星の絵文字が入ったナンバープレートなんて、日本では考えられないですよね……。

■3:鳥肌が立つような速度でも走れる
日本人がアメリカに滞在して驚くことのひとつに、車線の多さと法定速度の高さがあります。
カリフォルニア州では、フリーウェイで8車線あって反対側も8車線あることがポピュラー。また、カープルレーンという2人以上車に乗車していれば走れる車線もあります。その車線では1人しか車に乗車していない場合は走れません。
日本でそんなに車線はないので、ハラハラしそうですよね……。
そしてカリフォルニア州のフリーウェイでの法定速度は、最高65マイル(約105キロメートル)がほとんどです!
あまりに日本と違いすぎてビックリ!衝撃的なアメリカの車事情
しかしこれも、場所によっては違います。一番上は今のところ、テキサス州の最高85マイル(約137キロメートル)です。「マジで?」と驚いてしまう速度ですよね……。鳥肌が立ちます。

■4:日本の若葉マークが注目されている
日本の運転初心者が貼る若葉マークが今、アメリカで流行っています。なんと、車を愛する若者の間で、「何だかカッコイイマーク」などと話題になっているのです!
そもそもアメリカでは、初心運転者でも若葉マークなどのマークを車に貼る必要はありません。何も貼らなくてもいいのに、わざわざこの日本の若葉マークを車に貼っているのです!
日本人だと外したくなるようなものをわざと貼っているのは衝撃ですが、日本の文化を評価してくれているようで何だかちょっと面白いですよね。

■5:出産後はベビーシートを確認される
そしてアメリカでは、ベビー用のカーシートもとても重要視されています。
あまりに日本と違いすぎてビックリ!衝撃的なアメリカの車事情
そのため、出産後に病院から退院するとき、新生児を乗せる車にベビー用カーシートがちゃんと装着されているか、病院関係者が車を確認しにきます。これに合格しない限り、新生児を家に連れて帰れないのです!
日本だと「プライバシーの侵害」などと言われそうで、ビックリですよね。

いかがでしたか?
日本では考えられない車事情ばかり紹介しましたが、他の国にも鳥肌が立つような車事情があります。
例えば、ドイツのアウトバーンは速度無制限。そのため、どんなにスピードを出してもOK! 上限がないと、ちょっと恐ろしいですよね……。
これから日本の若葉マークがこれからもっとアメリカで流行するかもしれませんし、逆に日本がアメリカの車事情を受け入れるかもしれません。車事情も、どう変わっていくのか楽しみですね。

【参考】
※ USA Driving Ages - 2pass
※ Preparing to Bring your Baby Home - PROVIDENCE
※ Texas Raising Speed Limit for Title of Fastest in the Land - NYTimes.com

【関連記事】
違いにビックリ!住んでみて驚いたアメリカの変な公園事情3つ
超便利な「布オムツサービス」がアメリカで注目を集めている理由5つ
衝撃!なんと自分の●●が飲めるサービスがアメリカで大人気に
胸がキュンキュンする!アメリカの超素敵なバレンタインデー事情
発想が素敵!アメリカの「買い物が楽しくなるアイディア」3つ

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1男子のホンネ炸裂!元カノと別れた「本当の理由」はコレです3つ写真18 8月24日20時30分
  2. 2妻を女として見れなくなった瞬間11 「トイレで……」「裸で●●する」写真21 8月24日19時01分
  3. 3やってよかった!「白髪予防」みんなが効果アリと感じたケアTOP3写真5 8月24日17時00分
  4. 4夫を「帰宅拒否症」にさせる妻の特徴4つ写真22 8月24日13時01分
  5. 5気持ちが萎える!? 男性が「付き合いたくない」と思う女性のスタイル3選写真29 8月24日20時01分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る