日刊アメーバニュース

口呼吸で前頭葉は鼻呼吸より酸素を消費。注意力低下など全身にも悪影響が

2013年12月29日 07時15分
提供:マイナビニュース

東京都三鷹市のファミリー歯科医院の歯科医師 佐野 真弘・佐野 サヤカの両氏は、「口呼吸は、鼻呼吸よりも前頭葉に、より酸素消費を生じる」ことを世界で初めて発見し、その弊害に関する報告をした。

同研究は、「脳の学校」代表の医師・加藤 俊徳氏らと共同で取り組んだ。用いた計測法は、加藤氏らが開発した「ベクトル脳機能NIRS計測法」で近赤外線を頭皮上から照射して、脳活動を計測する方法。これにより、詳細な脳の酸素活動を計測することができる。

口呼吸はその名のとおり口で行う呼吸のことで、鼻が詰まったり激しい運動をしたりする時に、その場しのぎで行われることが多い。しかし、ヒトの呼吸の基本は鼻呼吸であり、口呼吸が習慣化すると二次的な合併症を引き起こす可能性が高くなる。これが口呼吸習慣病で、歯並びの悪い人(歯列不正など)の多くに口呼吸が見られるという。

研究の結果、口呼吸は鼻呼吸と比べて前頭葉の酸素消費が生じやすくなり、活動が休まらないことが分かった。活発なままだと前頭葉は慢性的な疲労状態に陥り、注意力や学習能力・仕事の効率の低下を引き起こしてしまうことも考えられる。また、口呼吸はADHDや睡眠障害など様々な合併症を引き起こすことが報告されている。

なお、同研究成果は、Sano,et al;(2013)NeuroReportの12月号に掲載された。研究結果の引用は、Sano M et al.(2013)Increased oxygen load in the prefrontal cortex from mouth breathing: a vector-based near-infrared spectroscopy study. Neuroreport. 24(17): 935-940.より。PubMedでも公開している(英語)。

【拡大画像を含む完全版はこちら】



ノロウイルスなどの感染性胃腸炎、96%は自宅治療も可能。その対処法は?
冬太りする前に…簡単に代謝を上げる「胆汁酸ダイエット」ってどうやるの?
「新型鼻づまり」が急増中!知られざる現代病の実態に迫る『ためしてガッテン』
ドライアイ患者の68%がする対策に眼科医から危惧も! 眼科医推奨の対策とは?




この記事のコメント

11件を表示 / 1件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

国内アクセスランキング

  1. 1病院外でもはねる=タクシー突進-ブレーキ痕なし・福岡15 12月05日12時13分
  2. 2地下鉄の階段に車=50代男性「駐車場と勘違い」-東京写真19 12月04日20時17分
  3. 3民家の「縁側カフェ」人気=素朴なもてなし、癒やされる-「オクシズ」の小さな集落写真3 12月05日04時45分
  4. 4弁護側が責任能力争う=妊婦刺殺、殺意も否認-大阪地裁17 12月05日11時41分
  5. 5300メートル余り直進か=目撃者、タクシー直前加速も-病院衝突10人死傷・福岡写真21 12月04日15時47分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る