日刊アメーバニュース

まるでクイズ!?想像を超えるキラキラネーム

2013年12月26日 08時00分
提供:blogram通信

その奇抜さから、世間で度々物議を醸している“キラキラネーム”。このほど、スマートフォン向けアプリの企画や運用を行うリクルーティングスタジオが、2013年版の「ベスト・オブ・キラキラネーム」なるランキングを発表した。

「画像入りの記事はこちら」

このランキングは、アプリ「無料 赤ちゃん名付け」でアクセス数の多かった上位30位までのキラキラネームの中から、ユーザーが「最もキラキラ」だと思う名前に投票し決定したもの。1位は「泡姫(ありえる)」、2位は「黄熊(ぷう)」、3位は「姫星(きてぃ)」と、まるでクイズのような名前が上位を飾った。

いくらキラキラネームが世の中に認知されてきたとはいえ、この想像を超える独創っぷりに、

・将来を考えると、どうしてもかわいそうって思っちゃう
・いじめの対象になりそうで心配だよ
・これ、あだ名じゃなくて…?名前は普通にしてあげて~

と、ブロガーたちは懐疑的なコメントを多数アップ。とはいえ、現代のおじいちゃん&あばあちゃん世代のような名前も今では一般的でないわけで、もう少し時代が流れれば、ランクインした名前も特異な存在ではなくなるのかもしれない。

そんなキラキラネームに限らず、名前にまつわる悩みにはどんなものがあるのだろうか。ブログをリサーチしてみると、

・平凡すぎて、なかなか覚えてもらえない
・娘の名前を画数で決めたから、いざ由来を知ったら悲しむかなぁ
・彼と結婚したら芸能人と同姓同名になるから別れた、って話を聞いた

などなど、中には名前によって人生を翻弄されている人も。大なり小なり、名前についての悩みがある人は少なくないようだ。

ちなみに、普段は本名ではなく、ニックネームで呼ばれている人も多数いる。ニックネームは自分の名に変わる大切なものであるはずだが、

・学校に猛ダッシュして登校したところ、ハリーと呼ばれるように
・幼い頃、「お母さんがカバに似ている」と言われ、僕までカバ扱い
・キムタク風の格好をしている友達が、キモタクと呼ばれている…

など、日常の些細な出来事がその由来になることも多い様子。

不本意な呼び方をされないためにも、日頃の行動にはご注意を!?

(山田彩/effect)


--------------------------------

■その話題、ネゴトで話さない?
名付けについて語ろう!

■「名付け」を語るブログたち
名付けブログランキング

■関連記事
漢字改定によりヤバイ名前が続々!?

この記事のコメント

12件を表示 / 2件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1子どもの貧困サインはどんなところで感じる?写真12 2月18日19時58分
  2. 2悲劇か喜劇か…実録!愛人との不貞に溺れた「不倫社長の悲惨な結末」写真7 2月18日23時00分
  3. 3「赤ちゃん、無事だからね。頑張って!」陣痛を耐えながらの緊急帝王切開の準備待ち写真5 2月19日00時15分
  4. 4斉藤由貴の毒親ぶりが怖いオカムス 女性が共感する理由写真13 2月18日16時00分
  5. 5いざ鉄拳制裁…!世にも恐ろしい「妻から夫への浮気の仕返し」実例写真10 2月18日23時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る