日刊アメーバニュース

毎年20人以上が死に至る「窒息事故」から子どもを守る方法7つ

2013年12月16日 22時00分
提供:It Mama


みなさん、食べ物による窒息事故で、毎年20人以上の乳幼児が亡くなっていることをご存知でしょうか?
実は、『厚生労働省』の「人口動態調査」で、こんなにもたくさんの尊い命が失われていることがわかっているのです。
とくに、12月から1月にかけては危険! もちによる窒息事故が多くなっています。もちを食べるときに注意が必要なのは、お年寄りだけではないのです!
乳幼児で窒息が起こりやすいのは、臼歯がなく食べ物を噛んですりつぶすことができない&食べるときに遊んだり泣いたりしてしまうから。
そこで今回は、『食品安全委員会』と『消費庁』の報道資料を参考に、子どもの窒息を予防する方法についてご紹介します。

■乳幼児が窒息事故を起こしやすい食べ物17個
まず、現時点で報告されている乳幼児の窒息原因となった食べ物を確認していきましょう。前述のもちも含めて、以下の17個が窒息につながりやすいと言われています。
(1)ナッツ類
(2)丸いアメ
(3)ブドウ
(4)プチトマト
(5)もち
(6)ちくわ
(7)たくあん
(8)こんにゃく入りゼリー
(9)生のにんじん
(10)棒状のセロリ
(11)リンゴ
(12)ソーセージ
(13)肉片
(14)こんにゃく
(15)ポップコーン
(16)おせんべい
(17)ベビー用のおやつ
どれも普段、何気なく食べているものばかりだと思いませんか? しかし、こんなにたくさんはなかなか覚えられませんよね。そのため、窒息リスクが高い食べ物の特徴を4つだけ、おさえておいてください。
(1)直径が1~5cm程度
(2)噛み切りにくい
(3)口腔内をすべりやすい
(4)一口サイズで吸い込んで食べるような構造
頭文字をとって、”ちかこひは高リスク”と覚えるといいですよ!

■窒息事故を防止するために注意すること7つ
ここまでで、用心すべき食べ物がわかりましたね。次に、窒息を防ぐための注意点を7つお伝えします。
(1)記載の月齢はあくまで目安にする
乳幼児向けの食品やお菓子には、”7ヶ月から”、”10ヶ月から”といった目安が書かれていますよね。
しかし、これはあくまで目安です。食べる機能の発達には個人差があるため、子どもの食べている様子を注意深く観察する必要があります。発達に合わせた食べ物を選びましょう。
(2)食事中はじっとさせる習慣を
食事中はお行儀よく、しっかり座らせる習慣を身に付けておいてください。食事中に遊んだり、歩き回ったり、寝転んだりすると、食べ物が変なところに入ってしまう危険が高まります。
家族や周りの大人がしっかり注意するようにしましょう。また、テレビを見ながらの”ながら食べ”や、口に入れたまま話すことも絶対にやめさせることが大事です。
(3)よく噛んで食べさせる
乳幼児は、もぐもぐと噛むことが上手ではありません。噛む練習をしっかりさせることがとても大切です。食品は月齢にあった適度な大きさにし、よく噛んで食べさせてください。
噛むことを教えるとき、大人がもぐもぐと噛む様子を見せてあげると子どもが真似しやすいです。また、急いで飲み込まないように注意を促すことも必要となります。
(4)食事中は必ず誰かがそばにいる
子どもは何をするかわからないので、食事中は必ず家族の誰かがそばについていて、注意深く見守ってあげましょう。これが、事故の予防につながります。
(5)豆類は3歳頃まで食べさせない
これも目安ですが、小さい子にはピーナッツなどの豆類は食べさせないようにしましょう。誤って気管に入りやすいです。とくに、急停止する恐れのある車や揺れる飛行機の中では食べさせないよう、気を付けてください。
(6)食事中にびっくりさせない
そして、食事中に乳幼児をびっくりさせるようなことは絶対にやめましょう。かまってほしくてわざと驚かせるようなことはもちろん、ゴキブリを見て大声を出すこともなるべく我慢してください。
(7)口に入りそうなものは片付ける
子どもは、大人の常識では考えられないようなものを口にします。ママバッグなども放置しないで、手の届かないところに置きましょう。引き出し、戸棚、冷蔵庫もしっかりロックしておく習慣を身に付けておくといいですよ。

いかがでしたか?
気を付けることで窒息事故は防ぐことができます。大切なことは、食べ物を食べやすい大きさにして、よく噛んで食べること。そして、大人が必ず注意して見ていてあげることです。
年末年始はバタバタしてしまいますが、しっかり頭に入れておいてくださいね!

【参考】
※ 食べ物による窒息事故を防ぐために - 食品安全委員会
※ 食べ物による窒息事故にご注意ください - 消費庁

【関連記事】
身近すぎて意外と気付かない「子どもの危険な事故」原因9つ【後編】
身近すぎて意外と気付かない「子どもの危険な事故」原因9つ【前編】
死に至る危険も…とても恐ろしい「誤飲」から身を守る方法
実は「家庭内の事故」1位!やけどを防ぐための大切な知識まとめ
安全そうな屋内の●●にも「実は危険がいっぱいだった」と判明!

この記事のコメント

16件を表示 / 6件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 13位会計前の菓子を食べる!「スーパーでイラつくNG親子」1位は…写真102 6月29日07時40分
  2. 2妻が答えた夫婦喧嘩の原因。1位は「夫の金遣い」写真17 6月30日11時00分
  3. 3ダサい夫をユニクロで改造する3アイテム。計9000円で別人に!写真42 6月27日09時02分
  4. 4オワコン化する街コンが詐欺の温床に…被害男性を直撃写真28 6月30日09時04分
  5. 5【LINE教室11】私のこと、どう思っている……? 「脈アリ」かどうかを探るLINE写真5 6月29日10時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る