日刊アメーバニュース

親の喫煙が影響!受動喫煙で子どもの歯周病リスク増大の恐れ

2013年12月13日 15時00分
提供:WooRis

喫煙にも気分転換などメリットはあるのですが、一方で重大な健康被害のリスクがあることは広く知られています。例えば歯周病の罹患と喫煙にも関係があるとご存知でしたか?

そこで今回は、富山県小矢部市でクリニックを経営している歯周病専門医の渡辺智良先生の協力の下、タバコと歯の健康について考えてみたいと思います。

 

■家族の喫煙によって歯を失う恐れも

自分でタバコを吸っていなくても、家族の誰かが吸っていれば受動喫煙で歯の健康や美しさが損なわれてしまう恐れもあるのです。

自分、あるいは家族に喫煙者がいる方は、タバコをやめる・やめさせる努力をしてください。吸うメリットは人によって一部あるのかもしれませんが、そのメリットをはるかに上回るデメリットが存在します。

ヤニで歯の美しさが損なわれるだけではありません。喫煙を継続すると歯周病のリスクも高まります。歯周病は歯と歯茎の間に細菌が潜り込み、歯の土台となる骨を溶かしてしまう病気です。悪化させると歯を失う恐れまであります。歯を失ってから禁煙をしても手遅れです。

 

■喫煙で歯周病リスクが高まる仕組み

タバコの煙にはニコチンをはじめとする4,000にも上る毒性、発がん物質が含まれるといわれています。

喫煙によりニコチンを体内に取り入れると、歯と歯茎の周りの血管が収縮を始めます。血行が悪くなると、歯周病菌と戦う白血球の出動も少なくなります。新鮮な血液の循環が、歯周病菌の活動を水際で食い止めているのです。

1日のタバコ量も問題ですが、喫煙期間も考えなければなりません。喫煙を止めたからといって、すぐに歯周病のリスクが少なくなるのではありません。長く禁煙をして初めて、歯周病の原因が消失していくといわれています。

 

■喫煙は歯の見た目の美しさも失わせる

タバコを吸った瞬間に、心身上の重大な不調が出てくるわけではありません。ですが喫煙を続けている以上、歯の健康と美しさは時間をかけて少しずつ確実に失われていきます。

生まれたままの歯の健康と美しさは一度失われてしまうと、通常は取り戻せません。手遅れになる前に今すぐ対処をしてください。

 

家族の中にタバコをやめてくれない人がいる場合は、最初に相手の吸いたい気持ちを理解してあげるなど、目的達成のためにいろいろとコミュニケーションの仕方を工夫をしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 20代でも脳年齢が50歳!? 脳にダメージを与える10個の悪習慣

※ あなたの肺は大丈夫?自分でできる話題の「肺クレンジング法」

※ 喫煙者は税率6割も負担する!納税の義務と権利のアンバランス

※ 当てはまると危険!「がん」リスクを高めるNG習慣4個

※ 雨上がり宮迫も必読!がん抑制効果が期待できる食品5つ

 

【取材協力】

※ 渡辺智良・・・歯科医。歯学博士。日本歯周病学会歯周病専門医、日本補綴歯科学会専門医。現在は富山県小矢部市にある渡辺歯科医院で一般歯科、歯周病専門治療、インプラント、予防歯科、小児歯科、義歯(入れ歯)を担当。


【関連記事】
就寝時の「のどケア」には昔ながらのガーゼマスクが最適な理由
無形文化遺産の和食に欠かせない「みそ汁の凄いパワー」とは?
サイズ合ってる?親指と人差し指で分かるマスクの選び方
食前に食べるだけでOK!簡単すぎる「進化版りんごダイエット」
意外と知らない!100%ジュースがすべて安全ではない本当の理由

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1部屋干し臭で彼からドン引きされないために エアコンの風で洗濯物を乾かすのは今すぐやめて!4 12月07日09時29分
  2. 2えっ私が…!?「心の病」を発症しやすいママの意外なタイプ写真26 12月06日22時30分
  3. 3女、捨てすぎじゃね!? 結婚して妻に幻滅したコト・6選写真10 12月09日09時57分
  4. 4イヌネコ男子はもう古い!?結婚に向いてる「パンダ男子」の生態写真26 12月09日08時00分
  5. 5顔立ちはキレイなのに、美人に見えない「オーラなし女子」の特徴とは写真7 12月08日21時22分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る