日刊アメーバニュース

「ノーベル賞受賞者精子バンク」創設されるも天才出なかった

2013年12月05日 16時01分
提供:NEWSポストセブン

 1980年、「ノーベル賞受賞者精子バンク」とも呼ばれた伝説の精子バンク「レポジトリー・フォー・ジャーミナル・チョイス」が創立された。優生学に取り憑かれた富豪ロバート・グラハムによってつくられたバンクには、ノーベル賞受賞者3名を筆頭に、科学者や技術者、オリンピック金メダリストなどの精子が集められた。

 当時、他のバンクがドナー情報をほとんど公開していなかったのに対し、このバンクのカタログには職業、IQ、家系、性格、趣味などの情報が記載されていた。「選べる」ことに狂喜して精子を注文したのは、医師や看護師、心理学者など、教養のある女性たちだった。

 資金難で閉鎖されるまでの19年間に、高齢すぎたノーベル賞受賞者の精子は子供を宿さなかったものの、誕生した子供は217人にのぼる。果たして彼らは天才に成長したのだろうか。

 その一人、ドロン・ブレイクは、2歳でコンピュータを操り、5歳でハムレットを読むIQ180の天才児として騒がれたが、現在は小学校教員だ。追跡できた子供たちの大半は優秀とはいえ、教育熱心な母親に育てられたレベル。ダンスや歌に秀でた者がいる一方、自閉症や難病を患う者もいる。

 全体として平均値は高いが、グラハムが夢見た選ばれし天才は一人もいない。

※週刊ポスト2013年12月13日号


【関連記事】
フィンランド人の精子の数 日本人の精子の数の1.47倍
中国の精子バンク 大卒限定や謝礼7.8万円、合格率10.8%等
男性の精巣を半分に割って精子を探す手術の成功率は30%
精子バンクのニーズが高く提供者の数が追いつかないのが現状
米国最大手精子バンク 1回の精子提供に対して100ドルの謝礼


この記事のコメント

11件を表示 / 1件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1子どもの貧困サインはどんなところで感じる?写真17 2月18日19時58分
  2. 2「赤ちゃん、無事だからね。頑張って!」陣痛を耐えながらの緊急帝王切開の準備待ち写真7 2月19日00時15分
  3. 3悲劇か喜劇か…実録!愛人との不貞に溺れた「不倫社長の悲惨な結末」写真12 2月18日23時00分
  4. 4いざ鉄拳制裁…!世にも恐ろしい「妻から夫への浮気の仕返し」実例写真12 2月18日23時00分
  5. 5検証:元彼全員にメールしてみた…復縁の可能性はアリ?写真12 2月19日19時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る