日刊アメーバニュース

「睡眠中のよだれ」は危険!顔のたるみや口臭の原因になると判明

2013年11月10日 08時00分
提供:美レンジャー

ウトウトと電車の中で寝たときに口元が濡れていた、朝目が覚めて枕によだれがついていた……そんな経験がある方は多いのではないでしょうか? 赤ちゃんならばかわいらしいと思われるよだれも、いい大人なら誰かに見られたら恥ずかしいもの。
でも“恥ずかしい”だけでは済まされない、よだれは美容と健康の危険信号なんです。
 
よだれは口呼吸が原因
よだれが出るのは、睡眠中に鼻で呼吸するべきなのに、口で呼吸している証拠。口を開けてここから呼吸していると、口の中が乾いてしまい、それを補うためによだれが分泌されているのです。
「ちゃんと息してますか!? ある2つの違いで美容効果に影響が! 」でご紹介したように、口呼吸はよだれ以外にも、頬や口元のたるみを招く、細菌が繁殖しやすくなり口臭が強くなる、免疫力が低下して肌荒れを起こしやすくなるなど、さまざまなデメリットをもたらすのです。
また、口呼吸の人にはいびきが激しい人が多かったり、ひどい場合は睡眠時無呼吸症候群になったりと、口呼吸には健康面でも美容面でも悪いことだらけなのです。
 
よだれの解決策は?
ではよだれがよく出てしまう人が、どうやったら口呼吸ではなく鼻呼吸に変えられるのでしょうか? まずおすすめしたいのがガムを噛んだり、食事のときによく噛むことを習慣づけること。口呼吸の人は口のまわりの筋肉が弱いので、この筋肉を鍛えてあげることが良いのです。
また、枕の高さが高すぎると気道が狭くなり鼻呼吸がしづらいため、自然と口呼吸に頼ってしまうので、枕の高さもチェックしましょう。これはいびきで悩む人にもおすすめの対策です。あとは普段、起きているときから、鼻で呼吸することを自分で意識するように心がけるといいでしょう。
 
よだれが二重あごや口臭、肌荒れの原因になっていたとは驚きかもしれません。無意識の間に出てしまうよだれ。目覚めたときに口元からよだれが出ていたことに気づいたら、口呼吸して寝ていたと自覚して、鼻呼吸に変えていけるように努力するようにしましょう。
 
【関連記事】
※ 実は超危険!体に悪影響を及ぼす睡眠中のNG行動11個【前編】
※ 昼間眠い原因はこれ!? 「睡眠時無呼吸症候群」の自己診断法
※ たるみ顔は大顔になる!超速で「肌のハリ」を手に入れる最善策
※ これは怖い!合わない枕が引き起こす「超危険な症状」7つ

【関連記事】
知らないと手遅れ!「座りっぱなし症候群」が女性の間で急増中
女性のほうが高リスク!将来「認知症」にかかりやすいNG習慣
痩せる地道な努力は無用!? 食べる物より「いつ食べるか」が重要
低年収ほど頭痛持ちが多い!「片頭痛と収入」の驚きの関係とは
イマドキ女子はメイクもブラもコーヒーも賢くハイブリッドが常識!?

この記事のコメント

120件を表示 / 23件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1「親のフルネームを検索して黒歴史を掘り起こす」小学生の怖すぎる遊び写真46 9月20日17時30分
  2. 2夫に「大切にされる妻」に共通すること6つ写真3 9月24日11時50分
  3. 3アラフォー女性に警鐘!「脳の老化」を10年も早める体の特徴とは写真8 9月24日21時00分
  4. 4こういう子、いいっ! 男性が思う、「性格がかわいい女」の特徴6つ写真2 9月24日16時05分
  5. 51分でわかる「お風呂のカビの落とし方」写真1 9月23日19時57分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る