日刊アメーバニュース

「食べ残し食材の再利用」が合法?韓国グルメの意外なリスク

2013年10月13日 12時00分
提供:WooRis

韓国では飲食店で客の食べ残しを、次の客の時に再利用するということが珍しくありません。食文化的な違いがあるとしても日本人からしてみれば、衛生面が気になります。焼き肉をはじめ、韓国料理は日本でも人気の外食産業のひとつ。口に入れる食べ物であるだけに、衛生リスクには自己防衛が必要かもしれません。

 

■日本の厳しい食品衛生法

日本では、外食産業における衛生管理は厳しく法律で管理されています。食品衛生法では、不衛生な食材はもちろん、前の客が食べ残した食品の再利用をすることは許されていません。伊勢のお土産でも有名な老舗の赤福が、食材の再利用をしていたことが発覚して、営業禁止処分を受けたことは記憶に新しいでしょう。

 

■韓国では再利用可能な食材がある

しかしながら、残念なことに韓国では決してそうではないようです。韓国の食品衛生法でも、不衛生な食材の再利用には厳しい罰則を設けていますが、例外が設けられています。例えば、

・サンチュ、生ニンニク、ミニトマトなど、調理されておらず原型が維持されている食材

・皮をむいていないウズラの卵、バナナ、ブドウなど、皮をむかずに原型が維持されていて、他の物質と接触していない食材

・キムチやカクテキなど、ふたがついた容器に入り、客が摂取した分だけ量が減った食材

などは、合法的に食品の再利用が認められています。

 

■“食文化の違い”では割り切れない日本人の感覚

もちろん、これは倫理観や衛生意識の違いというよりも、日本と韓国での食文化の違いであると言うことができるかもしれませんから、必ずしも不潔・不衛生と過剰に反応する必要はありません。逆に生ものを食べない国々からすれば、日本の刺身などは、十分に不衛生・蛮行にあたるはずです。

しかしながら、やはり、日本人の感覚としてみれば、前の客の食べ残しを提供する文化には抵抗があるでしょう。

 

■日本の韓国料理店は大丈夫?

韓国国内での食事における再利用に関しては、法律の範囲内であれば、それを外国人である私たちが否定したり、非難することはできません。

しかし、私たち日本人が懸念してしまうので、やはり、日本国内の韓国料理店での食材の扱いではないでしょうか。仮に、経営者や調理人が韓国人であったとしても、日本で営業する以上は、日本の法律や衛生意識に従う必要があります。

ただ、上記のような話があると「もしかして、日本の国内の韓国料理もそのような再利用があるのでは……」といった心配をするかもしれません。国内では、日本の基準と法律によって厳格に遵守されているはずですから、信じて利用するしかありません。

 

日本の韓国料理店をみて、過剰に反応する必要はありませんが、やはりどんなものであれ、他人の食べ残しを再利用されてしまうことは、日本人としては嫌なもの。身近で美味しい韓国料理を安心して楽しむためにも、信頼できるお店で信頼できる料理を口にするなど、自己防衛をしたいですね。

 

【関連記事】

※ 距離は近いけれど、どこか遠い?韓国の日本への意識

※ 実は細菌が1億個!歯ブラシをものすごく不潔にするNG習慣6個 

※ 日本と同じ感覚ではダメ!「海外旅行トラブル」まとめ

※ キッチンは雑菌だらけ!自家製パンの「雑菌汚染」回避法2つ

※ 逆に失礼?日本人がついやりがちな勘違いテーブルマナー4つ


【関連記事】
猫ひっかき病?死亡することもあるペットから感染する病気6つ
飲むだけで体脂肪を減らせる!? 効果別トクホ飲料の選び方
冷蔵庫にご飯はNG!食材が劣化しちゃう冷蔵庫の間違った使い方
日本女性15人に1人が罹患!乳がん対策には和食がよいと判明
無理しすぎてない?キツイ服を着ると「体ブス」になると判明

この記事のコメント

110件を表示 / 10件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1「親のフルネームを検索して黒歴史を掘り起こす」小学生の怖すぎる遊び写真38 9月20日17時30分
  2. 2仲の良い夫婦が絶対にしないこと6つ写真20 9月23日10時51分
  3. 31分でわかる「お風呂のカビの落とし方」写真1 9月23日19時57分
  4. 4私だけ汗だく!? 女性の更年期症状「ホットフラッシュ」の原因と対処法写真3 9月23日18時00分
  5. 5髪を濡らして即シャンプーはNG!「やってはいけない髪の洗い方」4つ写真6 9月23日11時30分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る