日刊アメーバニュース

半身浴がカサカサ肌の原因に! 美肌づくりのバスタイム術

2013年09月23日 12時45分
提供:MYLOHAS

20130923_bathtime_1.jpg秋の夜長は、疲れを癒すのと美容を兼ねて、ゆっくりお風呂に浸かりたくなります。

長時間の入浴は、カサカサ肌の原因に でも、半身浴や長風呂は、実はカサカサ肌の原因になるということがわかりました。温かい湯気に包まれると肌がうるおうような気がしますが、「美肌レシピ」によると、長時間の入浴は、肌のうるおいを保ち外からの刺激を守ってくれるセラミドを失ってしまうのだそう。

セラミドは、角質層にある肌の成分のひとつ。セラミドそのものが肌を守ってくれますが、その他にも肌にある主要な保湿成分を安定させる働きもあり、保湿にとってはとても大切な成分です。これが肌の乾燥を防いで、うるおいとツヤのある肌をつくってくれるのです。

「38度〜40度のお湯に5分」がベスト でも、お湯に浸かることで、体を芯から温めて、血行が良くなるのも事実。セラミドを守る入浴法としては、38度~40度のお湯に5分程度浸かるのがベスト。セラミドは皮膚がふやけると流れやすくなるのだそうです。また、入浴の際に無駄毛を処理するという人も多いかもしれませんが、セラミドが流れた肌は外からの刺激にも弱くなっています。というわけで、入浴時の無駄毛処理はあまりおすすめできません。

お風呂上がりは、すぐに保湿を また半身浴で汗をかきますが、汗を分泌するのは汗腺。毛穴の皮脂腺とは別物なので、これで毛穴の汚れが取れるということはないそうです。むしろ、半身浴で汗をかくことで、より汗かきな体質になってしまうとのことなので、気をつけたいもの。

乾燥肌に気を遣うなら、体を洗うソープも液体よりは固形のほうが肌の乾燥を防いでくれるとか。お風呂から上がったら、失われたセラミドを補うように、体が濡れているうちに全身にオイルやクリームを塗って肌の水分を保湿することも大事。クリームはセラミド配合のものがおすすめです。

バスタイムを見直して、乾燥知らずの美肌を目指したいものです。


[美肌レシピ]

photo by Thinkstock/Getty Images



(高田薫)



■ あわせて読みたい

行動が感情をつくる。口角を上げるだけでも幸せホルモンの分泌UP
シャンプー前の頭皮マッサージで、髪がツヤツヤになるハワイのオイル
「猫背解消エクササイズ」でバストもヒップも上向きボディに
月1回で効果あり! 自宅でカンタン昔ながらの頭皮デトックス
髪を切るのは、満月の日に。地球の息づかいに寄り添う「ラトビア美容」


コラムアクセスランキング

  1. 1ニオイやばっ! 「足がくさい人」の共通点・5つ写真 6月25日17時45分
  2. 2置くより吊して! 専門家が教える「台所スポンジ」NGな使い方5つ写真 6月25日21時00分
  3. 33位はなんと合コン!? 既婚男性が「不倫相手と出会う場所」トップ3写真 6月25日18時10分
  4. 4全然ロマンチックじゃない「男性がスピード婚を決めた理由」7つ写真 6月25日19時45分
  5. 5雨の日も洗濯日和! 美しく部屋干しできる多機能物干しスタンド写真 6月25日06時30分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る