日刊アメーバニュース

周囲10キロ 人口98人のエミューの島 蓋井島に行ってみた

2013年06月26日 08時37分
提供:太田出版ケトルニュース

6月15日発売の雑誌『ケトル』は、特集のテーマとして“離島”をピックアップ。「島が大好き!」と題し、伊豆大島や隠岐諸島、瀬戸内海、五島列島など合計9つの島の自然、生活、文化、食べ物を紹介している。今回取り上げるのは、周囲10kmほどの、断崖に囲まれた蓋井(ふたおい)島。この島では、山の神様とエミューが、まさかの同居中です。

 * * *
山口県下関市の吉見港から「蓋井丸」に乗って揺られること35分。売店で島内の地図をゲットしたら、「やまどりの散歩道」と呼ばれるハイキングコースへ向かいます。すると早速、山の入口に小さな鳥居を発見。この島には「山」と呼ばれる4つの森があり、それぞれ「一の山」や「二の山」と名づけられ、そこに山の神様がいると伝えられているのです。

本州最西端の響灘に浮かぶ蓋井島は人口98人、周囲は10.4kmという小さな島で、平地が少なく、山歩きにはぴったりです。海沿いは険しい断崖のため、島の裏側への移動は、山を越えるか船で行くかが基本。渡り鳥だけでなく、唯一海を渡る蝶といわれる「アサギマダラ」がやってくるのが、この島の初夏の風物詩になっています。

この島には、10年前に島おこしで始められたエミュー牧場があります。オーストラリアの国鳥・エミューは、ダチョウについで2番目に大きな鳥で、飛べないことでもおなじみ。ハイキングコース内にはエミュー牧場が2か所あり、歩いていると、どこからともなく「ポンポンポン」というメスの鳴き声が聞こえます(ちなみにオスは「ゴー」という渋い声)。

牧場の責任者の中村さんによれば、

「この山には昔から水田があったんだけど、振るわななくてね。島の仲間とビールを飲みながら再生法を模索していたとき、『ダチョウでも飼ってみようか』ってひらめいたんです」

という思いつきが転じて、エミューを飼育することになったとか。自治会長でもある中村さんは、牧場を始める際にオーストラリアの総領事館へ講義を聞きに行き、そこで学んだ「エミューオイル」は、島の特産品になっている。エミューの卵は大きいもので700gぐらいあり、孵化するまで52日。ゆで卵にするにはおよそ50分かかるそうだ。

◆ケトル VOL.13(2013年6月15日発売)

【関連リンク】
ケトル VOL.13

【関連記事】
“ファンタジーすぎる”と話題の青ヶ島 交通アクセス難易度は特A級
日本で唯一の砂漠がある都道府県は鳥取? 答え→「東京都」
隠岐諸島の中ノ島 島留学アピールで島内の高校がクラス増の快挙
早稲田?慶應?明治? かつて京都にあったのはどの大学?


ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1安っぽさがプンプン! 生活感漂わせ系ママになっている人の特徴8選写真39 7月20日20時00分
  2. 2白米にシチュー!? 結婚して驚いたパートナーとの「育ちの違い」6選写真42 7月21日11時15分
  3. 3全っ然よさがわかんねぇ! 男性が「下品」だと思うファッション4つ写真16 7月21日16時50分
  4. 4友情にヒビが!? 独身の女友達に結婚・妊娠を報告した結果エピソード7選写真16 7月20日19時00分
  5. 5男子がおもわず興奮しちゃう「女子のギャップ」とは? 「見た目は地味なのに……」写真9 7月20日19時01分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る