日刊アメーバニュース

Heartbeat、シリーズ第8弾はDJ Hasebeプロデュースによるスティービー・ワンダーの日本語カバー

2013年06月19日 13時00分
提供:OKMusic

Heartbeatの6ヶ月連続配信の最終作は、シリーズ第一弾に登場したDJ Hasebeを再び起用し、スティービー・ワンダーの名曲で、インコグニートのカバーにより90年代に大ヒットした「Don't you worry ‘bout a thing」をカバー!

【その他の画像】Heartbeat

2011年にHeartbeatとして活動を再開した勝又亜依子 (a.k.a. ahhco)が、90年代の洋楽R&Bの名曲を日本語でカバーするという、90年代カルチャーのリバイバルブームの先陣をゆくこのシリーズ。配信リリースした楽曲すべてが、懐かしさと新しさの間で大ヒット。

2011年に第一弾として、Monicaの名曲をDJ Hasebeプロデュースでカバーした「もう一度 ~Before you walk out of my life~」がiTunes R&Bチャート第1位、レコチョクスタッフが選ぶ年間R&B第2位。2012年に第2弾として、Tevin Campbellの名曲をDJ WATARAIプロデュースでカバーした「CAN WE TALK ~声を聴かせて~」はレコチョク・クラブうたで1位を記録、さらにレコチョクスタッフの年間R&B第1位にも輝いた。

そして、6ヶ月連続配信の最終作は、シリーズ第一弾登場のDJ Hasebeを再び起用。スティービー・ワンダーの名曲で、インコグニートのカバーにより90年代大ヒットした「Don't you worry ‘bout a thing」を日本語カバー。早くもクラブプレイのリアクションが上々で、前作以上のヒットが期待されている。

【Heartbeat コメント】
「90年代の洋楽R&B。当時小学生だったアタシは、リアルタイムで聴くことができませんでしたが、素晴らしい曲達は色褪せないまま、高校生のアタシを"R&B大好きっ子"にさせました。歌詞カードが汚れるくらい歌っていた曲を、90年代を牽引してきたDJの方々とタッグを組み、日本語カバーできることがとても嬉しいです。クラブで聴き、踊っていた曲達を、今度はアタシが歌い、またメジャーレーベルから、より多くのみなさんに届けられることを嬉しく思います!」

【DJ Hasebeコメント】
「今回の楽曲は前回制作した「もう一度 ~Before you walk out of my life~」とは真逆な楽曲で、原曲は天才・スティービーってこともあるので、かなりハードルが高く、2曲分脳みそが衰弱したんじゃないかな(笑)。それでもそのハードルを越え納得のいく仕上がりになったので、是非聴いていただきたい。あ、カバーの元になったのはインコグニートの方ですが。ぜひぜひ!」



【関連リンク】
HeartbeatオフィシャルHP 
夢の島『WORLD HAPPINESS 2013』第5弾でスチャダラパー、レキシ、大橋トリオの3組
K.A.ZがHYDEに噛みつく! ジャケに謎の美女!? VAMPS、新アーティスト写真&新曲ジャケ公開!
TLC×安室奈美恵! 日米の超ビッグアーティストが夢の共演

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1小栗旬、撮影現場の差し入れに使う金額に衝撃7 3月27日15時35分
  2. 2大渕愛子弁護士、TVレギュラー復帰見送り 業務停止明け半年「責任の重大性を痛感」写真14 3月27日21時02分
  3. 3ダレノガレ明美「犬」を誤字で謝罪 天然ぶりが話題写真7 3月27日17時16分
  4. 4小倉優子、りゅうちぇるのちぇるちぇるランド設定を心配「この先どうするんだろう」写真18 3月27日13時34分
  5. 5ミスター慶應出身わたっちの逆告白がイケメンすぎたと話題 「恋んトス」史上最高の胸キュン結末「とんでもない王子様が現れた」写真 3月27日16時40分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る