日刊アメーバニュース

ソフトバンク、小型 GPS 端末「みまもり GPS 201Z」を4月26日発売

2013年04月25日 13時40分
提供:インターネットコム

ソフトバンクモバイルは、GPS を使用して人や物の位置情報と移動ルートを記録できる「みまもり GPS SoftBank 201Z」(中国 ZTE 製、以下「みまもり GPS 201Z」)を4月26日に発売する。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

「みまもり GPS 201Z」は、人や物の位置情報と移動ルートを記録し、離れた場所から PC やスマートフォンで確認可能な小型 GPS 端末。あらかじめ指定した時間ごと、もしくは本体のボタンを押すことで居場所をメールで通知する機能や、指定したエリアからの出入りを検知する機能なども備えている。通話機能は非搭載。

家族に持たせておくことで現在地を把握したり、かばんや鍵、車などに取り付けて盗難の早期認識に活用したりできる。

また、移動時間/距離、平均速度、消費カロリーを調べることもでき、ジョギングや旅行の記録管理などに役立てられる。

そのほか、専用ソフトを使用すれば、デジタルカメラで撮影した写真と同端末で記録した位置情報を紐づけ、地図上に写真を表示させることも可能。

おおよそのサイズは幅45×高さ67×厚さ15mm で、重さは約 48g。IPX5 相当の防水性、IP5X 相当の防塵性を備える。ボディ カラーは「ホワイト」の1色だが、「ブルー」「イエロー」「ピンク」という3色のシリコン カバーが付属する。

基本使用料は月額490円だが、「みまもり GPS 基本料無料プログラム」に加入すると最大25か月間、基本使用料が無料となる。また、2台以上同時購入した場合、購入した複数台の本体価格を全て月額490円から390円に割引する「みまもり GPS 複数割引」を実施。さらに、購入者先着5万名にファッションブランド「SHIPS」とコラボレーションしたオリジナルストラップをプレゼントするキャンペーンも行う。


【関連記事】
ソフトバンク、家族や大切なものの位置を確認できる端末「みまもり GPS」
大阪市営地下鉄、4月25日より中央線全線の駅間トンネルで携帯電話が利用可能に
ソフトバンク初のシニア向けスマホ「シンプルスマホ 204SH」、専用定額パケット プランも提供
人間対コンピュータの将棋戦「第2回 将棋電王戦」最終第5局、人間の負けで通算1勝3敗1分け

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

ITアクセスランキング

  1. 1ドコモの学割―25歳以下は1年間は月1,500円に写真 1月17日18時20分
  2. 2オウルテック、防水で水に浮くBluetoothスピーカー2製品を発売写真 1月16日06時35分
  3. 3サンコー、腕時計バンドに装着してiPhoneの着信を知らせるデバイス「ウォッチブル」を発売写真 1月17日06時25分
  4. 4au、ココセコムと連携できるジュニア向けスマホ「miraie f」を20日に発売写真 1月17日06時15分
  5. 5「きのこの山」と「たけのこの里」が対決!メガハウスが立体型オセロを発売写真 1月17日20時05分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る