日刊アメーバニュース

マイクロンジャパン、もう少しで TB の Crucial M500 SSD を販売

2013年04月12日 21時20分
提供:インターネットコム

マイクロン ジャパンのコンシューマープロダクツグループは、TB クラスの大容量「Crucial M500 SSD」の販売を開始する。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

フォームファクタは 2.5inch(厚さ 7mm、9.5mm ブラケット付属)、mSATA、M.2 の3種で、120/240/480/960GB(960GB モデルは 2.5inch のみ)の容量タイプがある。2.5inch および mSATA の実売想定価格は、各1万2,600円、2万1,000円、3万8,850円、6万900円。2.5inch、mSATA は4月中旬から出荷を開始する。M.2 の価格、出荷時期は未定。

Crucial M500 SSD は、Micron の 20nm MLC NAND フラッシュ、および SATA 6Gbps コントローラーと Micron の 最大 80000 IOPS(input/output operations per second)のカスタムファームウェアとの組合せにより、最大連続読込速度 500MB/s、最大連続書込速度が400MB/s(480GB/960GBモデル)に達する。

システムレスポンスを維持しつつシステムバッテリー駆動時間を伸ばす、デバイススリープ(DEVSLP)機能があり、システムのスリープモード時の電力消費を5ミリワット以下に抑えることができる。これにより、従来製品から電力効率が93%改善された。

「Microsoft BitLocker with Windows 8 Pro/Enterprise/RT」または「Wave Systems」の「EMBASSY Trust suite」などのソフトウェアアプリケーションを併用した場合、デバイスの盗難や紛失の際にデータを安全に保護する、ハードウェアベースの暗号化技術(TCG Opal 2.0+IEEE1667)を採用した。

Crucial は、半導体メーカー世界大手 Micron Technology の子会社である Micron Consumer Products Group のブランド。Crucial 製品には、5万以上のデスクトップ/ラップトップ/サーバー/ワークステーションなど向けの SSD および DRAM が含まれる。


【関連記事】
2011年以前の PC 向けに 32GB 4,000円の「Crucial v4 SSD」を販売
マイクロン、8分の1に小型化した Crucial m4 mSATA SSD を販売
UDMA7/USB 3.0 対応のデュアルスロットカードリーダー発売
レキサー、高性能 SSD「Crucial Real SSD C300」に64GB の低価格モデルを追加

※フィーチャーフォン向けサービスの停止とコメント機能廃止のお知らせ

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

ITアクセスランキング

  1. 1ドコモ、留守電の内容をテキスト化するサービス「みえる留守電」開始写真 5月26日10時05分
  2. 2Gmail、自動でメールの返信を考えてくれる「スマートリプライ」を導入写真 5月18日14時35分
  3. 3Instagram、顔フィルターや逆再生動画撮影などの新機能追加写真 5月19日15時56分
  4. 4食べたらチキン×ビーフの肉三昧だった  ケンタ『CHIZZA プルコギ』5月30日より登場 5月30日11時00分
  5. 5アマゾン、厳選したワインを毎月届ける新サービス「Amazonワインクラブ」を提供開始写真 5月16日20時40分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る