日刊アメーバニュース

おなかが鳴りそう! そんなときにすぐできる簡単なごまかし方

2013年02月25日 10時05分
提供:マイナビニュース

会議中、講義中、授業中の静かな場所にいるときに困るのが、おなかがぐーっと鳴ることです。

おなかの音が止まらなくて冷や汗をかく経験は、誰でも1度や2度はあるもの。

そんな時に使えそうな対処法をご紹介します。

■背筋をぴんと伸ばすおなかが鳴るのは、からっぽになった胃が収縮活動を起こしたとき、胃の中に入っているガスや空気が腸へ移動するために起こります。

猫背になっていると胃は窮屈な状態になり、おなかもなりやすくなります。

猫背で仕事している時、授業を受けている時におなかがなったら、リフレッシュも兼ねて背筋をぴんと伸ばしてみましょう。

■おなかに力をいれて、ふくらませる腹式呼吸の要領で、肺にいっぱい空気をいれて横隔膜を下げ、胃の動きを妨げることでおなかを鳴らさないようにする方法があります。

おなかが鳴りそうと感じたら、おなかがぽっこり膨らむくらいに空気を吸い込んで、音がおさまるまでやり過ごすのもよいかもしれません。

■朝食を玄米にする朝食を玄米にすると腹持ちがよくなり、空腹になるタイミングを遅らせることができます。

いつもの白米の3分の1を玄米に替えるだけでも効果があります。

■嗜好(しこう)品を使ってみる詳しい仕組みは不明ですが、チョコレート、コーヒー、お茶などの嗜好(しこう)品は胃の動きを弱める作用があるそうです。

胃腸が弱っている時にはお勧めできませんが、おなかが鳴りそうな時は、チョコレートやお茶で胃の動きを鎮めるのがよいかもしれません。

■炭酸飲料や水を大量に飲まない、食事はよくかんでまた、日頃の生活習慣を見直すことで、おなかを鳴らしにくくする方法もあります。

炭酸飲料は気泡が含まれており、水を飲むときにも空気を胃に送り込みやすいため、それらを控えることでおなかが鳴りにくくなるようです。

また食事をする時にも、よくかむことで食べ物にふくまれる空気の量が減り、おなかの中に空気がたまりにくくなります。

【拡大画像を含む完全版はこちら】



小腹が空いたらコレ!深夜食べてもOKな「夜食」トップ3
緊張した場面でお腹の音を鳴らさないようにする方法5つ
穴があったら入りたい~!! おなかの音を鳴らないようにする裏ワザ



この記事のコメント

120件を表示 / 101件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

国内アクセスランキング

  1. 1京成電鉄取締役の男性死亡=タクシー衝突事故で-警視庁5 5月31日11時54分
  2. 2「しつけ」で7歳男児置き去り=山林へ両親、不明に-当初「はぐれた」と通報・北海道警125 5月29日22時51分
  3. 3不明男児の捜索続く=「しつけ」で山林放置-北海道71 5月30日07時19分
  4. 4現場手前、縁石に傷=ダム車転落5人死亡-大阪府警写真1 5月30日20時29分
  5. 5山陽新幹線で人身事故=新大阪-岡山で運転見合わせ-兵庫11 5月31日13時40分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る