日刊アメーバニュース

待望の新生FF14ベンチマークが公開! 旧FF14のために組んだ僕のPCは......どうなのよ!?

2013年02月22日 19時00分
提供:Kotaku


FF14のためにPC買い換えました!

って人、多いのではないでしょうか? 僕もその手のクチで、旧・FF14の発売に合わせてPCを買い換え。と言うか作り直し。旧・FF14はBTOのショップより、推奨パソコンなんてのもいくつかリリースされていましたが、それに準じたスペックのパソコンを組み上げました。当時の予算14万円!

ゲーミングPCはキュンキュンに性能を追求すると20万円とかぶっちぎりで超えちゃうので、ミドルクラスのゲーミングPCという位置づけですが、それでもモニター抜きで14万。結構頑張った出費ですよ!

さて、その2年以上前の僕のPCで、どれだけ快適にウゴゴゴゴゴ......。動かせるのか? それともウボァーしてしまうのか? 本日公開された新生FF14のベンチマークテストを試してみました。衝撃の結果、続きよりどうぞ。
 


【大きな画像や動画はこちら】
 
まずは僕のPCの環境から。2年半くらいに組んだ自作PCとなっています。



CPU:Intel(R) Core(TM) i7 CPU 870 @ 2.93GHz
GPU:ATI Radeon HD 5870 (1GB)
MEM:16GB
SSD:128GB
OS:Windows7(Aero有効)


とこんな感じ。CPUもSandy世代ですし、GPUもHD5800シリーズとかなりレガシー的な構成。なにより本気出すと発熱やばし。でも、旧FF14はこれで遊べてたし、新生ではグラフィックエンジンを一新して、より軽くなったって聞くし。いけるかな? できるかな?





公式サイトによるとスコアはこのようになっているようです。少なくとも「【3500~4999】 快適」くらいは出てほしいな......。と期待感を込めてベンチマークを走らせてみた結果、以下のようになりました。


■標準画質(1280x720)>>> 最終SCORE 10176







まずは設定一切変更せず、標準画質で720。まさかの1万超え! すべてのシーンでフレームレートの低下もなく快適です。全体的なポリゴンの表現力は高めで綺麗ですが、よく見ると影の描画が簡略化されすぎているのが気になってしまいます。このPCは綺麗にFF14を楽しむために組んだPCです。これじゃあ物足りない! 続いて最高画質にチャレンジしてみましょう。


■最高品質(1920x1080)>>> 最終SCORE 4216







最高品質になると、細かいところまで描画が行き届いており、遠方オブジェクトの簡略化も無し。全てにおいて緻密に描画されています。ライティング処理も1ランク上で、影描画も完璧でした。ただし、描画オブジェクトの多いシーンではフレームレートの低下も見られたため、スコア4216は「快適」という範囲ですが、人物の多い街中ではストレスが貯まる恐れがあるため、オススメはできないかも。さすがに2年半前のPCに、最高品質を求めるのは酷ということかもしれませんね。


■高品質(1920x1080)>>> 最終SCORE 5841







今回試したPC環境で、一番バランスが良かったのが「高品質」で「1920x1080」という設定でした。5841というスコアは「とても快適」ランクとなります。描画クオリティも高めで、ライティング処理も違和感の無いレベルに上手くまとまっています。フレームレートの大幅低下も見られないため、混戦となっても快適に遊べる範囲だと判断しました。

というわけで、2年半前のFF14特需に乗ったPCは......「高品質」で「とても快適」に遊べそう。という結果となりました。よかった......! まだこの子は現役で戦えそうです。なお、計測結果はTwitterやFacebookに投稿することができます「#FFXIV」タグで調べると、みんなの投稿結果が見られますよ。

とある方のスコアを参考にすると......



SCORE:7387 1920x1080 最高品質 Intel(R) Core(TM) i7-2600K CPU @ 3.40GHz NVIDIA GeForce GTX 680


最高品質でフルHD解像度で快適に遊びたい場合はこのくらいのスペックを目指すといいのかも? なお、このスペックのパソコンがどのくらいのお値段で買えるのか? というと、





当時FF14推奨PCを販売していたドスパラで調べてみたら、本体のみOS込みでおよそ14万円くらい。これから新生FF14を始めてみようという方はこのくらいのスペックをチョイスすれば、満足できるかもしれませんね。2年半前に14万円出して組んだPCで、旧FF14 は最高品質なんて全然耐えられなかったので、新生で全て作りなおした描画エンジンの軽さと美しさを改めて実感させらる結果となりました。

新生FF14は今月25日よりクローズドβテストが開始されます。また、本日20時よりプロデューサーライブも予定していますよ。最近、PSVita、PS4、任天堂ダイレクトと、最近ライブ漬けだよ!


[ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク ワールド編]
[第5回 FFXIVプロデューサーレターLIVE]

(小暮ひさのり) 関連記事

ヤッター! 『ニンジャスレイヤー』のドラマCD発売決定!
ネコの日も働くキティさん。ハローキティ×ニコニコ動画のチロルチョコ
【JAEPO2013】どれも欲しくなる2013春夏プライズ・幕張コレクション

この記事のコメント

11件を表示 / 1件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1斎藤工、2年ぶり連ドラ主演が決定写真9 9月16日18時17分
  2. 2矢口真里の近況とは 直接会った元モー娘。メンバーが明かす写真9 9月17日12時17分
  3. 3佐々木希、成宮寛貴と大胆キス 密着2ショットで恋人モード全開写真10 9月16日14時01分
  4. 4板野友美「AKB48になれた事も奇跡」 初のソロツアー完走で現在の心境を告白写真40 9月16日11時32分
  5. 5長瀬智也、堂本光一へのリアルな想いを熱弁「男にも愛がある」11 9月18日00時38分

TOPへ戻る