日刊アメーバニュース

有酸素運動は筋トレの前・後どちらが効果的?

2013年01月21日 17時00分
提供:ダイエットクラブ

 こんにちは。ゴルコア代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。今日は「筋トレの後ランニングやウォーキングするのがいいか、その逆か、どちらがいいのでしょうか?」というテーマについてお話したいと思います。

 お正月太りを解消しようと、仕事始めと同時にトレーニングに励んでいる方も多いと思います。また、12月くらいから東京マラソン等々が近くなったせいか、ランニングをされている方々を都内でもよく見かけます。そんな方たちにとっても、完走するための持久力に加えて筋力も必要と考えている方もいらっしゃると思います。

 そんな中で、筋トレと有酸素運動(ランニングやウォーキング)、どっちを先にやったら効果的なのでしょうか?

 この疑問の答えは、目的によって順番が変わってくるので、「何を目的に筋トレをするのか、ランニングやウォーキングをするのか」が大切になってきます。

1.脂肪を燃焼させたい!ダイエットをしたい!

という方々には、筋トレを行った後に有酸素運動をお薦めします。その理由は、筋トレ後に分泌される成長ホルモンの働きによって、脂肪が分解され、脂肪燃焼効率が上がります。この脂肪が燃焼している間に有酸素運動を行うことで、脂肪の代謝がアップするのです。

2.ダイエットはしたいが筋肉量は落としたくない!

という方には、筋トレの前に軽く有酸素運動をするのをお薦めします。あまり筋トレの前に有酸素運動を長くしてしまうと、疲れてしまって集中力がなくなってしまいます。筋トレでは、鍛えている筋肉を意識することによって効果がアップするので、集中力がないまま、ただ回数だけ行うのでは、ほとんど筋トレの効果がありません。よって、しっかり筋トレをしたいという場合は、ウォーミングアップとして軽く有酸素運動を行い、その後筋トレに集中することをお薦めします。

3.マラソンのために長く走りたい、ウォーキングを1時間位したい

この場合は、走ったり、歩く前にはストレッチ、そして終わった後はクールダウンを行うことをお薦めします。そして、マラソンや長くウォーキングをするために筋力をつけるときには、有酸素運動を軽く行い、筋トレ、そしてまた有酸素運動を行うことをお薦めします。

 以上目的別に分けてみました。

 せっかくトレーニングをするのであれば、効果的に行いたいものですよね。改めてご自分のトレーニング方法を見直してみては如何でしょうか?


■プロフィール
太田律子(おおたりつこ) | ゴルフピラティスインストラクター

腰痛をきっかけにピラティスと出会い、インナーマッスルの大切さを学ぶ。2010年11月に都内初のゴルフピラティス専用スタジオ「Golcore(ゴルコア)をオープン。現在はJAPICAゴルフピラティス開発者及びLPGAティーチングプロの竹内弓美子氏の直弟子としてゴルフピラティス拡大を目指し活動中。

■関連記事
筋トレと有酸素運動の順番、ダイエット効果が高いのはどっち?
ダイエットやメタボに効くかも? 「ヨガ手帳2013」発売
やっぱりダイエットには「筋肉」が必要?
足腰の衰えは「筋トレ」でなく「脳トレ」で防ぐ!?
「インストラクターの質」部門でNO.1を受賞…フィットネスクラブ ルネサンスの魅力とは?

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1安倍内閣 「女性輝く」口実にパート主婦の配偶者控除廃止へ210 10月24日07時00分
  2. 2「オバサンくさい」と思われてしまう口癖ランキング22 10月24日07時00分
  3. 3不倫や復縁…もう無理かも」と思った30代独身女性を救った奇跡写真71 10月08日19時00分
  4. 4傾向と対策を徹底分析!男性から見た美人度が3割アップする髪型とは写真55 10月23日08時00分
  5. 5「まだ親しくないのに、なれなれしすぎ!」とドン引きしたママ友の行動9パターン写真26 10月24日06時00分

TOPへ戻る