日刊アメーバニュース

松本人志 テレビの視聴率低下について「とことん悪なったらええねん」

2012年12月03日 12時21分
提供:太田出版ケトルニュース

ここ数年、テレビの視聴率低下がしばしば話題となる中、安定した視聴率を獲得しているのが、今年放送開始20周年を迎えた『ダウンタウンDX』。番組を仕切る松本人志は、今のテレビに関してどんな感情を持っているのだろうか? 10月12日発売の『クイック・ジャパン』vol.104で、松本はこう語っている。

「僕らはね、ぎりぎりセーフの世代でまだいいんですよ。でも僕らより下の子たちは可哀相やなぁと思いますね。これからテレビが今よりよくなるとは考えにくいんでねえ。どんどん垂れ流し番組が増えていくでしょうし、逆にテレビは垂れ流しのモンになっていって、その分『テレビ以外のところでなんとかしたろ』とものを作っていくかもしれませんし。ただ、そこまで完全には確立されてないよねえ」

NHKのコント番組『松本人志のコントMHK』(2011年11月~12年3月まで全5回放送)や、企画・構成を担当した『HITOSI MATUMOTO VISUALBUM』(98~99年にVHSで3作リリース)など、意欲的な挑戦を続けてきた松本。最近の低視聴率化については、かなり過激な考えを持っているようだ。

「最近、テレビの視聴率が全体的に悪いじゃないですか。僕は、『ざまあみろ、そりゃ悪なるわ、とことん悪なったらええねん』と思っている部分があって。ゴールデンで1桁の視聴率がもっと当たり前になったら、テレビ局も『数字じゃないところに価値を付けんとしゃあないぞ』とやっと分かってくれるんじゃないかな。そしたらもうちょっとやりたいことができるようになるかもしれない」

そして『家政婦のミタ』の成功についても、「結局、『あれと同じことをやろう』となる」と、最近のテレビ番組作りに釘を刺した松本。彼は、「『垂れ流し』と『ちゃんと作る』の二極化が進んだほうが、僕にとっていいんですよね」と語っている。

◆『クイック・ジャパン』vol.104(10月12日発売/太田出版)

【関連リンク】
『クイック・ジャパン』vol.104

【関連記事】
デビュー当時のダウンタウンは浜田もボケる「Wボケ」だった
20年目の『ダウンタウンDX』 番組開始時はゲストが1人だった
ダウンタウンDX放送前の打ち合わせ 浜田2~30分、松本は1分
チャリティー続けたサンドウィッチマン 「売名」の声にも大人の対応

この記事のコメント

120件を表示 / 278件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1「親のフルネームを検索して黒歴史を掘り起こす」小学生の怖すぎる遊び写真46 9月20日17時30分
  2. 2夫に「大切にされる妻」に共通すること6つ写真3 9月24日11時50分
  3. 3アラフォー女性に警鐘!「脳の老化」を10年も早める体の特徴とは写真8 9月24日21時00分
  4. 4こういう子、いいっ! 男性が思う、「性格がかわいい女」の特徴6つ写真2 9月24日16時05分
  5. 51分でわかる「お風呂のカビの落とし方」写真1 9月23日19時57分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る