日刊アメーバニュース

龍谷大学、インターネットを使った国際教育システムを共同開発

2012年09月03日 16時32分
提供:リセマム

 龍谷大学国際文化学部は、Webコンテンツの企画・運営のザムと共同で、SNSに独自の機能を追加した国際教育システム「TNG net(ツナグネット)」の開発を進め、海外留学中の学生の主体的な異文化コミュニケーションの促進と、企業が求めるグローバル人材の育成を目指している。2012年4月から本格稼働を開始し、TNG net特設ページでは、活動報告や、学生が作成した優秀なレポートなどの掲載を行っている。

 龍谷大学は、世界19ヶ国42大学との学生交換協定を持ち、留学中の授業料免除など留学制度に力を入れており、2011年度の海外への留学生数は388人。年間海外留学生数は約400人に上るものの、留学中の教育は現地に委ねているところが多い。

 同大学では、語学力だけでなく、現状の体制では成果を具現化しにくく、且つ単位として認定困難な人間力や国際性などの視点にたった教育を行いたいと考え、このシステムの開発を行った。

 TNG netとは、SNSに独自の機能を追加し、留学生自身が中心となり主体的に異文化ネットワークを構築しながら、海外でしかできないような異文化理解を促す課題に取り組み、その単位認定から、就職活動用のプレゼンツール作成までをカバーして、企業が求めるグローバルな舞台で通用する「世界水準」の人材育成を支援するシステム。

 留学生は、SNS機能を利用して自由にコミュニティを立ち上げることができる。また、SNS上で課題が提供され、選択した課題をレポートとして提出、課題解決のためにコミュニティを活用することなども可能。これらの活動は、TNG netメンバーであれば誰でも閲覧でき、コメントを書き込んだり、教員が適切なアドバイスすることもできる。使用言語は英語圏留学であれば、基本的に英語のみとなる。

 これらは、主体的に行動する力を発揮し、異文化理解を深めることでクリアできる課題に対し単位が認定される仕組み。また、レポートとして提出することで、オーラルコミュニケーション重視になりがちな留学生に、実際のビジネスシーンで重要な「外国語の文章を読む・訳する・伝える・考えをまとめて文章を書く・その文章を翻訳する」ことの育成にも役立つという。

【関連写真】龍谷大学、インターネットを使った国際教育システムを共同開発

■関連記事
三重大学、百五銀行と連携し留学生インターンシップを実施
約60校が来日、米国大使館主催の留学イベント9/15
JASSO「海外留学フェア」16の国と地域が参加…9/29
国内最大級、海外6か国100大学参加の留学フェア…10/14・16

コラムアクセスランキング

  1. 1【日刊Sumaiまとめ】日々の「困った…」をスパッと解決!優秀すぎる「100均アイテム」4つ写真 7月22日20時00分
  2. 2食で実践!熱中症予防につながる飲み物、食べ物写真 7月22日18時00分
  3. 3そりゃ太るわ! 肥満体型の人の恐ろしい食生活3選写真 7月23日09時00分
  4. 4女性だけじゃない!男性のつわり「クーヴァード症候群」とは?写真 7月22日20時00分
  5. 5なれるなら…白石麻衣!真っ白陶器肌「まいやん顔」をつくるメイク術写真 7月23日08時30分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る