日刊アメーバニュース

六本木にアラブの市場が登場!「カタール・ウィーク ファラジャン in Tokyo」

2012年09月03日 00時00分
提供:オズモール

中東を代表する都市ドバイ、アブダビ、ドーハなどは、日本からも“憧れのリゾート地”として、名前もあがることがしばしば。世界最大の石油産地である中東地域は、近年発展が目覚ましく、ビジネスの面でも観光地としても、世界中からアツイ視線を集めているんだとか。お城のようなホテルで贅沢な時間を過ごしたり、市場でエスニックなおみやげを購入したり、ラクダに乗って砂漠をめぐってみたり…と、中東の国でしか経験できないステキなことばかりだから「彼と一緒に行ってみたい!」なんて思っている女子は、多いはず。だけど東京からだと直行便が少なくて、なかなか気軽に行けない国なのが難点。

それなら、中東の国・カタールの文化を体感できるイベントへ出かけてみて! 六本木ヒルズアリーナで9月27日(木)から10月1日(月)まで「カタール・ウィーク ファラジャン in Tokyo」」が開催される。これは、日本とカタールの国交40周年プロジェクト「カタール ジャパン2012」によるもので、日本におけるカタール史上最大規模の文化・スポーツ・ビジネスなどを紹介するイベント。“ファラジャン”とは、アラビア語で「近所」の意味で、近所に訪れるような気持ちで訪れて欲しい、という想いからつけられたんだとか。

イベントのメインとなるのが、イベントスペースに登場するアラブの伝統的な中央市場「スーク」の再現。アラブ諸国を舞台にした映画やテレビなどで織物や宝石、食料などの商店が軒を連ねるあの様子を体験できる。今回のイベントで再現されるスークは、カタールの首都ドーハの中心部に実在する「スーク・ワキーフ」をモデルにされている。ここでは、カタールの企業や団体がブースを出展し、文化やスポーツ、エンターテイメントを紹介される。ほかにもカタールの音楽や、舞踊の上演、アラビアンタトゥー「ヘンナ」の体験ブースも展開されるというから、旅行気分で楽しめそう! また会場内には、なんと本物のラクダが登場するから、この機会にラクダ乗り体験できちゃう。

このイベントなら、飛行機に乗らなくてもカタールに旅行に行った気分になれるし、彼もきっと喜んでくれそう。それに今まで知らなかった中東の国の魅力に気が付く、いいきっかけになるはずだから、実際にカタールへ訪れる前に予習のつもりで遊びに出かけてみて!

開催期間/9/27(木)~10/1(月)

アクセス/東京メトロ日比谷線ほか「六本木駅」徒歩4分



※イベント内容は変更になる場合がございます



【関連記事】
六本木ヒルズにコラーゲンメニューが味わえる和ダイニング登場
絵画でわかる『平家物語』!根津美術館の「コレクション展 平家物語画帖」

この記事のコメント

11件を表示 / 1件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

経済アクセスランキング

  1. 1JR東日本、嵐のコンサート開催に伴い臨時列車を運行写真15 8月28日20時31分
  2. 2『じゃがりこ 明太チーズもんじゃ』が早くもカムバック!この濃さ、噛みしめずにはいられない!写真21 8月29日11時00分
  3. 3季節の変わり目にヘビロテ間違いなしの「コーディガン」は今秋のマストバイ!!写真7 8月27日20時00分
  4. 4ドトールコーヒーショップが秋の恵み、マロンミルクレープなど新商品をもうすぐ発売‼写真9 8月28日17時00分
  5. 5「ベッド席」初導入 寝そべりながら飲めるオイスターバー「DROP中目黒」リニューアル写真5 8月27日15時21分

TOPへ戻る

1015