日刊アメーバニュース

姿隠す大津いじめ担任 学校は「何喋るかわからない」と危惧

2012年07月21日 07時00分
提供:NEWSポストセブン

 滋賀県大津市で昨年10月、市立中学2年の男子生徒(当時13歳)がいじめを苦に自殺したとされる事件は、騒動になって以降、担任教師の男性は表に出なくなっている。最大の問題は、この担任教師の教育的無関心が事件の背景にあることを知りながら、彼の存在をひた隠しにしようとする学校と教育委員会の姿勢にある。

 学校側には「本人が批判の矢面に立てば、何をしゃべるかわからない」(前出の学校関係者)との危惧があるようだが、そうした学校の隠蔽体質を、なぜ教育委員会が許しているのか。

「説明会見に出ている市教委の沢村憲次・教育長は、2代前の同校の校長だったんです。彼にとっては、同校は身内みたいなもの。客観的な対応なんてできるはずがありません」(PTA関係者)

 教育委員会は担任教師について、「生徒のトラブルは、生徒指導の教員などを交えて3、4人で協議したという報告書があるので、担任に任せっきりにしていたわけではない。骨折の事件(昨年夏、柔道の授業中に生徒の怪我を放置した疑い)については把握していない」と述べている。

 そうした対応を見ると、生徒を第一に考えるという教育者として大切な部分が決定的に欠けているのではないかと思わざるを得ない。守りたいのは生徒ではなく、学校と教師の体面だけなのである。

※週刊ポスト2012年8月3日号


【関連記事】
大津いじめ担任 韓国語教育に熱心だったが現在生徒に無関心
君が代不起立教師を生む背景に法律あり 橋下氏ブレーン指摘
不起立のジャンヌ・ダルク教諭 「君が代反対」トレーナー着用
ヤンキー先生 橋下徹教育改革は“脱日教組”に繋がると評価
ヤンキー先生 日教組の過激活動を止める3つの法改正を提案


この記事のコメント

14件を表示 / 4件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1普段の行動から丸わかり!「汚部屋女子」を見破る5つの特徴写真25 8月03日07時30分
  2. 2我慢の限界もすぐそこ!「産後の夫婦仲」を決定的に悪くするNG習慣3つ写真12 8月01日23時00分
  3. 3気になるけど、トライするのは怖い!? 「肌断食」した女子に率直な感想を聞いてみた!写真18 8月02日08時00分
  4. 4ヤバっ…ノースリーブ着れない!「二の腕のブツブツ」原因と改善方法写真5 8月03日07時00分
  5. 5男性に聞いた!「忙しい女」が嫌われる理由写真60 8月02日13時00分

TOPへ戻る

10791