日刊アメーバニュース

内科医が教える。高血圧&低血圧の若者が増加中

2012年03月16日 17時00分
提供:マイナビニュース

「最近、高血圧の若者が増えているんですよ」と警鐘を鳴らすのは、内科医で大阪府内科医会副会長・泉岡医院院長の泉岡利於(いずおか・としお)先生。一方で、「低血圧の女性もまた増えているんです」と……。その要因や予防法について伺いました。


■ジャンクフードが高血圧の一因

――まず、高血圧と低血圧の診断基準を教えてください。

泉岡先生 高血圧の診断基準は、上が140mmHg以上、下が90mmHg以上です。また、上が100mmHg以下、下が60mmHg以下の場合を低血圧と診断します。

――どうして高血圧の若者が増えているのでしょうか。

泉岡先生 大きな要因となるのは食生活でしょう。日本人がもともと塩辛いものを好む傾向に加えて、若い世代は味付けが濃くて塩分が多め、さらに脂質も多い高カロリーなファストフードやコンビニ食、スナック菓子などのジャンクフードを好んで食べることなどが考えられます。

塩分は人間の体に必要不可欠ですが、多くとり過ぎると体内にナトリウムと水分がたまって体液量が増え、血圧が上昇します。また、貯留したナトリウム、水分を腎臓からこし出して排せつするため、さらに血圧が上昇します。

――病院へ行ったほうがいい症状について教えてください。

泉岡先生 高血圧はほとんどの場合、自覚症状がありません。ですが、頭痛、肩こり、めまい、動悸(どうき)(どうき)、息切れなどがいつもよりひどい、どこか体がおかしいと思ったら、血圧が上がっている可能性があるので、医師に相談してください。

――どうすれば予防できるでしょうか。

泉岡先生 まずは塩分が少ない食品を選ぶことを心がけましょう。漬物、干物、ラーメンやそばなどの汁やスープ類には塩分が多く含まれます。また、みそ、しょうゆ、ソースなどの調味料は使いすぎないように、料理はうす味にするなどの工夫をしましょう。

そのほかに、生活習慣の悪化や運動不足も挙げられます。疲れたなと感じるときは十分に睡眠をとる、また、週に2~3回、適度な運動を継続することを心がけましょう。

それと、タバコは止めるべきです。喫煙者は、非喫煙者と比べて薬が効きにくいだけでなく、血管の抵抗が大きくなり、高血圧の原因となることが医学的データではっきりと分かっています。タバコを1本吸うと血圧が約10 mmHgも上がるのです。

■低血圧は本来、体にとってはいいこと

――若い女性に多いと言われる低血圧ですが、低血圧が原因で起こりうる病気はありますか。

泉岡先生 低血圧が原因で病気になることはあまりありませんが、冷え性である、朝起きづらい、体がだるい、めまいや立ちくらみがする、朝の活動性が低く集中力に欠ける、などの症状がみられます。

そもそも、血管の抵抗は年齢とともに上がっていきます。ですから、いずれ血圧は上がっていきます。低血圧の方は若いころに低い分、将来高血圧になりにくい、つまり心筋梗塞(しんきんこうそく)や脳卒中の可能性が低くなるので、本来はいいことだ、よかった! と認識してください。

――低血圧を改善する方法を教えてください。

泉岡先生 まずは7時間以上の多めの睡眠と朝食をしっかりと食べる、この2つを行ってください。これで解決することも多いでしょう。あと、無理なダイエットは禁物です。

――ありがとうございました。

病気になってから後悔しないためにも、今すぐに日々の習慣を見つめ、改めたいものです。


監修:泉岡利於氏。医学博士。内科医、大阪府内科医会副会長。医療法人宏久会泉岡医院院長。
泉岡医院 大阪市都島区東野田町5-5-8 JR/京阪電鉄京橋駅中央出口から徒歩7分TEL:06-6922-0890 http://www.izuoka.com/

(岩田なつき/ユンブル)

【関連リンク】
【コラム】内科医に聞く。精神的ストレスや体の不調を感じたらどうすればいい?

【コラム】絶対起きられる!? 目覚まし時計あれこれ

【コラム】サウナはNG、シャワーはOK 効果的な二日酔い対策とは

コラムアクセスランキング

  1. 1LINEだけで恋愛対象外になるかも?「男をイラつかせる女のLINE」4パターン写真 8月16日12時00分
  2. 2今から使える!ユニクロ秋の新作トップスがプチプラなのに優秀すぎ♡写真 8月16日21時05分
  3. 3余った薬味どうしてる?大葉を使い切れるレシピに注目!写真 8月16日19時58分
  4. 4実は健康に悪かった?! やめた方がいい定番の朝食メニューとは?写真 8月15日18時00分
  5. 5お肉がとろ~り! 覚えておけば一生使える豚の角煮写真 8月17日11時30分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る