日刊アメーバニュース

逢沢りなが携帯彼女+(プラス)、森田涼花が携帯彼氏+(プラス)に主演! 夏にイベントも

2012年02月28日 02時31分
提供:GirlsNews

 2月27日、魔法のiらんどの大人気サスペンスホラー「携帯彼氏」シリーズの続編となる携帯彼氏+(プラス)・携帯彼女+(プラス)の製作発表会見が行われ、携帯彼女+(プラス)に主演する女優の逢沢りなさんが登壇した。 

 

 携帯彼氏+(プラス)はアイドリング!!!の森田涼花さんと若手俳優集団 D2の前山剛久さんが出演。携帯彼女+(プラス)は女優の逢沢りなさんと若手俳優集団 D2の志尊淳が出演する。 

 

 この日の製作発表会見にスケジュールの都合で出席できなかった、携帯彼氏+(プラス)に主演する森田涼花さんからはビデオメッセージが寄せられ、 

 

 「ストーリーが元から不登校と言うか、ひきこもりの女の子の役で初めから彼女自身の身体に、蜘蛛の巣のような網が張ってるような状態なんですけど、その上、カテキョープラスというものに出会って、彼女自身の中にいろんな蜘蛛の巣みたいなのがバーッと付いてる中、カテキョープラスに会ってまた暗い気持ちに蜘蛛の巣に張り付けられるような気持ちになっていくので、だんだんと沈んで行く気持ちだったんですよ。でも最後は明るい未来が待ってるのかなという感じです。それは見てからのお楽しみです。」とアピールした。 

 

 そして、この日 劇中の制服姿で登場した携帯彼女+(プラス)主演の逢沢りなさんは「杏子という女の子はとても素直な女の子ではなく、ちょっと気が強くて相手と上手く交流できない女の子で、相手役の和也にもちょっとすごく当たってしまう、素直になれないところがある女の子で、その女の子がお話の最後にどうなるか気になるところで、和也はすごくオタクでアニメが大好きなんですよ。アイドルプラスというものに出会って、アイドルを選ぶのか私を選ぶのかっていう面白い部分があるのでそこも注目してもらいたいです。ホラーですけどちょっと青春的な気持ちがキュンとなる部分があるのでそこは楽しんで見てもらえたらなと思います。」と見どころを紹介。 

 

 撮影現場について「撮影現場はとてもスケジュールがタイトだったので、みんなすごく疲れてると思うんですけど、作品に愛があったのですごく楽しくみんなで作り上げたって感じでした。夕焼けをバックに撮るシーンは夕日が落ちてしまうギリギリなところで一発本番で撮影した時が本当に心臓が飛び出るくらいドキドキしました。」とエピソードを語っていた。 

 

 そして制服姿について質問され「今二十歳なので大丈夫かなって思うんですけど、しかもルーズソックスって現役高校生だった時は履いたことが無かったので履き方さえわからなくて新鮮で、ルーズ履いとけばよかったなとすごい思いました。」と初めて制服にルーズソックスを履いた感想を語っていた。 

 

 

携帯彼氏+(プラス)・携帯彼女+(プラス)は夏にイベント上映が行われ、その後 DVDの発売を予定している。 

 

 

■ 携帯彼氏+(プラス) ストーリー&主要キャスト 

 

<家庭教師アプリのケータイ教師が引きこもりの少女を襲う!> 

 

いじめによって登校拒否となっているめぐみ(森田涼花)は、携帯電話を使った家庭教師システム・カテキョープラスを利用していた。最近はやりだしたそのアプリは、スマートフォンごしに立体となって現われるアバター教師が出題・解説するというもので、人と関わりたくないめぐみにとっては丁度いい学習ツールだった。ある日、いつもめぐみを気にかけているクラスメートの爽太(前山剛久)が、共通の友人・真奈美が死亡したことを伝えに来る。その晩、死んだはずの真由美からメールが届き、めぐみのアバターが別の教師・南(牧田哲也)に切り替わる。以来、狂気じみた問題が繰り出され、めぐみの点数はどんどん減っていく。爽太と共に調べていくと、ネット上には0点になったら死亡するという噂が。そして死んだ真由美もカテキョープラスをやっていたことが判明。いじめをしていたのは誰かという質問に回答してしまうめぐみ。するとその生徒が死亡。追い詰められためぐみは逃げる事をやめ、立ち向かう決心をする。 

 

<主要キャスト> 

 

森田涼花(もりた すずか)・前山剛久(まえやま たかひさ) 

 

津田美波 桃瀬美咲 

恒吉梨絵 大山真志 今井靖彦/ 牧田哲也 

 

 

■ 携帯彼女+(プラス) ストーリー&主要キャスト 

 

<ケータイゲームの美少女キャラがオタク少年に襲い掛かる!> 

 

巷で流行っているというスマートフォンを使った美少女育成ゲーム・アイドルプラス。アニメ好きの和也(志尊淳)はオタク仲間から教えられ、そのデジタルアイドル・アカネ(荻野可鈴)にハマッていく。ある日、オタク嫌いの勝気なクラスメート・杏子(逢沢りな)からアイドルプラスのアプリを消去して欲しいと相談される。昔の友達から突然転送されてきて困っているという。生身の女のコが苦手な和也は嫌々協力するが、なぜかアプリは削除できない。調べていくとそのゲームには点数が0になるとプレイヤーが死ぬという噂があることが分かる。杏子に転送してきた友達も死亡していた。和也はアイドル・アカネを順調に育てていたが、杏子の携帯に棲みついたアイドル・ミドリは育成がうまくいかずどんどん点数が下がっていく。2人の周辺でもプレイヤーが次々に死亡。疲弊していく杏子を救おうとする和也にアカネが嫉妬し点数が下がり始める。窮地に立たされた2人はネット空間に入り込み、デジタルアイドルたちに立ち向かう。 

 

<主要キャスト> 

 

逢沢りな(あいざわ りな)・志尊淳(しそん じゅん) 

荻野可鈴 三上枝織 白州迅 麻友美 

替地桃子 岡美咲 高橋光 宇田卓也 




GirlsNews
GirlsNews
GirlsNews
GirlsNews
GirlsNews
GirlsNews
GirlsNews
GirlsNews
GirlsNews


■関連ニュース
佐津川愛美 「ほっしゃん。さんは全力で面白い!」・ヨネスケ&「さや侍」野見乱入・映画「幸運の壺」舞台挨拶 (2012-02-26 05:19)
逢沢りな セクシー&ビューティフルな水着スタイルで大人の魅力急上昇 (2012-01-09 00:11)
逢沢りな 自由な私を見て下さい (2012-01-08 19:14)
森田涼花 日常の私が写っています (2012-02-19 07:07)

※フィーチャーフォン向けサービスの停止とコメント機能廃止のお知らせ

この記事のコメント

14件を表示 / 4件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1【今なぜ話題?】有村架純の姉・有村藍里/プロフィール写真緊急掲載の仲村美海写真25 5月28日07時00分
  2. 2乃木坂46生駒里奈、いじめを受けていた過去 「一番底辺」からセンターまでの道のり語る写真9 5月28日18時15分
  3. 3市川海老蔵、休演獅童の助っ人は勸玄くん!?「今、交渉中」写真1 5月28日19時56分
  4. 4熊田曜子、ママ初の写真集は人生最高バストで初の開脚ポーズも「最高傑作です」写真17 5月28日14時20分
  5. 5小林麻耶、闘病・麻央のためぶりっ子貫く 久々の取材で見えた変わらぬ気丈さ写真1 5月28日06時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る