日刊アメーバニュース

母の代わりに浅田真央をサポートする父親 10kgも痩せる

2011年12月26日 07時00分
提供:NEWSポストセブン

浅田真央(21)が最愛の母・匡子さん(享年48)を肝硬変で亡くしてから、1週間が経った日。在学中の中京大学からほど近い真央のマンションには、生前、匡子さんが真央の送り迎えに使っていた白いワゴン車が止められていた。近所の住人はこう話してくれた。

「あの車はいまはお父さんが運転しているんです。真央ちゃんは実家で葬儀を済ませてからすぐにこっちのマンションに帰ってきて、大学のリンクで練習を再開させているみたい。試合まで時間がありませんからね。真央ちゃんが練習に集中できるようにって送り迎えをお父さんがしているようです」

2011年12月23日に開幕する全日本選手権に出場する真央。亡くなった匡子さんに代わって、彼女のサポートをしているのは、それまで決して表には出てこなかった父・敏治さん(53)だった。五輪出場を狙うフィギュアスケーターの場合、年間3000万円がかかるといわれるが、敏治さんは事業を立ち上げ、その多くを真央の活動費に充てた。

その一方で匡子さんの闘病も懸命に支えた。2011年にはいってからは入退院をくり返す妻につきそいながら、ふたりの娘を支えてきた。ほとんど睡眠時間もなく、10kgも激やせしてしまった敏治さん。そしていまは亡き妻の遺志を継ぐように、真央のスケートを全力でサポートしている。

そんな練習の合間に、真央は、しばしば母と訪れていた中京大近くのなじみの定食屋に、父を連れ立って訪れていた。

「たしか16日のお昼過ぎだったと思います。大好きないわしの煮付けの定食を頼んだそうです。そのいわしは、骨まで食べられるほどじっくり煮てあって、真央ちゃんの大好物なんです。お母さんは真央ちゃんがおいしそうに頬張るのを、いつもにこにこしながら見ていました」(常連客)

きっとこの日も、母は夫と娘のそばで笑って見守っていたことだろう。

※女性セブン2012年1月5・12日号


【関連記事】
浅田真央選手の母・匡子さん 娘の練習20時間見守っていた
世界選手権6位で叩かれた浅田真央 既に母の病状悪化してた
浅田真央母 記者が体調心配すると「真央を応援してあげて」
海老蔵の母 暴行事件後の麻央に「よくやってる」と太鼓判
浅田真央&高橋大輔 4月の世界選手権前に真剣交際開始


ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1年収4200万円以上でも嫌!高収入なのに人気がない10の職業写真36 7月28日18時02分
  2. 2出ましたっ危険サイン!夫の「妻への愛が冷めてしまった」サイン3つ写真5 7月29日23時00分
  3. 3独り身まっしぐら…なかなか彼氏ができない女子に当てはまること写真9 7月29日14時24分
  4. 4「化粧、うまいよね」は褒め言葉ではない…女性が傷つく男性から言われた褒め言葉ワースト10写真3 7月30日09時04分
  5. 5モテない女子がやりがちな「LINEの使い方」4パターン写真 7月29日16時10分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る