日刊アメーバニュース

老いを早める5つの食習慣 食べすぎ、食事時間が不定期など

2011年09月26日 16時00分
提供:NEWSポストセブン

せっかく老いを緩やかにする栄養素や食べ方の知識を身につけても、老化を早める食習慣をしていたのでは、何にもならない。まずはあなたを老けさせる食べ方や物質をチェックして、“老化ストップ食”にシフトチェンジを! ここでは老いを早める5つの食べ方の特徴を紹介する。

【1】食べすぎ
加齢にともない基礎代謝も低下している。若いころのように食べていたら太ることに。「食べすぎると消化のために血液は胃に集中。他の臓器に回らず、血中脂質や血糖値の上昇を招き、メタボにつながります。腹八分目を心がけて」(医学博士・管理栄養士の本多京子さん、以下「」内も同じ)

【2】早食い
急いで食事をとると、どうしても咀嚼がおろそかになる。「咀嚼は消化を助けるのにとても重要。充分でないと消化に時間がかかり、胃腸にも負担が多く、食べすぎの原因に」

【3】食事時間がバラバラ!
朝昼晩の食事時間を決め、できるだけ規則正しく食事を摂ることにより、自律神経のバランスが整いやすくなる。「朝食と夕食の間は12時間がベスト。その中間に昼食を」

【4】続けて食べ、重ね食べ
いつも同じものや似たような食品、調理法のものを食べ続けると栄養素が不足し偏る。「揚げ物+炒め物は脂質やエネルギーの過剰に、煮魚+野菜の煮物は塩分過剰になりやすいので注意。また、食事代わりにケーキや和菓子など、おやつのような食事も×」

【5】冷たいものばかりを食べる
老いの大敵は体を冷やすこと。食材に冷やす作用があるかどうかもチェックしたい。「辛み成分のしょうがやにんにく、ねぎなど温め食材をバランスよく摂り、飲み物も常温や温かいものに」

※女性セブン2011年9月29日・10月6日号


【関連記事】
食欲抑える「脳ダイエット」 ツイッターも使い1週間で1.5kg減
「たるみ」は筋肉の減少が原因 食事の工夫で改善可能
日本の肝臓病の約9割はウイルス性肝炎 飲酒しない人も注意
ラーメン食べて余計な脂出さぬには事前に酢2~3滴入れた水を
R40女性が選ぶ有名人“美魔女”は杉本彩、黒木瞳、大地真央


この記事のコメント

120件を表示 / 257件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1気持ちが萎える!? 男性が「付き合いたくない」と思う女性のスタイル3選写真19 8月24日20時01分
  2. 2男子のホンネ炸裂!元カノと別れた「本当の理由」はコレです3つ写真12 8月24日20時30分
  3. 3夫を「帰宅拒否症」にさせる妻の特徴4つ写真20 8月24日13時01分
  4. 4言葉では言わないけど…気になる彼が「アナタに夢中」なサイン4つ写真3 8月24日19時30分
  5. 5相続、持ち家だけじゃない!「長男」との結婚だけにあるメリット写真7 8月24日16時00分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る