日刊アメーバニュース

正しいメール文章 「お忙しいところ→ご多用のところ」

2011年09月25日 12時22分
提供:アメーバニュース/国内

 現在のビジネスシーンでは、コミュニケーションの多くがメールによるやり取りに終始するが、「はたしてこうした言い回しが適切なのか」と時に疑問を持つもの。

 ユーザーが本の要点をまとめて紹介するサイト「ブクペ」では、『メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルール(日本実業出版社/藤田英時著)』についての要点がまとめてられており、大変参考になると評判になっている。

 まずは「より良い言い方」について紹介されている。

・取り急ぎ→まずは
・了解→承知しました
・お忙しいところ→ご多用のところ

 など実践的な改善例や、「『させていただく』は許可と恩恵を受ける場合に使う」(例:ご連絡させていただきます→ご連絡いたします)といったポイントがいくつか引用されている。

 ほか、「書き出しのフレーズ」「返答のフレーズ」「お詫びのフレーズ」など目的別や、「異動・退職時」「昇進・栄転のお祝い」といったタイミング別にまとめられた「よく使うメールのフレーズ集」などが紹介されている。

【関連記事】
“メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルール”の要点まとめ(ブクペ)-newsing
会社を休む言い訳「頭痛で様子見」→「回復しません」
プリントゴッコ事業 需要減で2012年完全終了へ
有名人面白ツイート2011 1位は浅野忠信、2位大村

国内アクセスランキング

  1. 1女優の真理明美さん死去 8月15日22時14分
  2. 2ダイビングの女性死亡=高松 8月14日19時44分
  3. 3殺人未遂容疑で町職員逮捕=事件後、職場に戻る-静岡県警 8月16日19時06分
  4. 4松居一代「彼、終わりですよ」 船越の浮気を疑わなかった理由はEDハゲ 写真 7月31日08時00分
  5. 5覚せい剤容疑で中学教諭逮捕=路上で所持、「使用目的」-警視庁 8月16日13時37分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る